10年間事業を続ける力になった、4つの出会い①

2008年4月1日

これが何の日か、ご存知だろうか?


柴田と2人でリリムジカを立ち上げた日だ。

つまり、今日2018年3月31日で会社を立ち上げてちょうど10年になる。


現在我々は、未来の人が豊かに暮らせる社会をつくることを究極の目的として、
介護施設・高齢者向け住宅で音楽プログラムを行う事業を営んでいる。

2人きりで始めた会社は、プログラムを行う
ミュージックファシリテーターが28名、
135か所の介護施設・高齢者向け住宅と提携するに至った。

2022年1月期末に100名・500か所を目標とし、
この1年は40名・180か所を目指している。


とはいえ、スッと前を向ける精神状態になったのは、ここ数年のことだ。

当初は何のためにやるのか。確信もなかった。
お金にもならなかった。両親には会うたび「もうやめたら」と言われた。
柴田と私含めてメンバーが5人しかいないときに2人辞めたこともある。


私はどうして10年やめずにリリムジカを続けられたのだろう?
振り返ってみると、4つ重要な出会いがあった。

長くなりそうな気がするので、今日はまず1つめを書く。


それは、妻 千晶との出会い。
彼女がいなかったら、リリムジカは全く違う事業をしていたか、
すでに存在していなかったかもしれない。


千晶との出会いは2009年2月。
ひたすら福祉・介護関係者にヒアリングをしていたころだ。
http://iysks.blog51.fc2.com/blog-entry-124.html

社労士の田谷智広さんに紹介してもらった経営セミナー。
最前列でとなりだった。


セミナー後に声をかけ、名刺を渡した。
「いま、介護・福祉に関わる方にヒアリングをしているんです」

「私、10年特養で働いていたんですよ」

「えっ、本当ですか!」


彼女にまずヒアリング。

ご利用者にしあわせに暮らしていただきたい。
けれども、日々の忙しさや、組織のむずかしさもある。

こういう人たちの力になりたい、と思った。


その後、元々勤めていた施設を紹介してもらい、ヒアリング。
そこがリリムジカ初の高齢者対象・定期的な現場になった。
http://iysks.blog51.fc2.com/blog-entry-159.html


つまり、彼女と出会っていなかったら、
リリムジカは介護の現場で仕事をしていなかったかもしれない。


(お礼と称して食事に誘ったのは、公私混ド・・・、ゲフンゲフン)


そして、過去を思い出して驚いたことがある。

妻は今まで一度も、リリムジカの将来性について疑ったことがない。

「もうやめなよ」とか
「うまくいかないんだったら、ほかの道もあるよ」とか。

言われたことがない。

そもそも妻は、当時ほぼ無収入の私と付き合い、結婚している。

結婚して何年か経った後、「当時どう思っていたの?」と聞くと
「絶対に何とかなる、と思っていた」と話していた。

元々介護の現場で働いていた視点から、
「絶対に必要なサービスだと思った」と言う。

妻は、「支援者」以外で最初にリリムジカに賭けた人だった。
彼女のおかげで、我々は事業を立ち上げ、続けられている。

自己有用感

自己有用感は「私は人の役に立っている」実感である。

自己有用感が高い人は行動しやすい。「これはきっと役に立つぞ」
自己有用感が低い人は行動しにくい。「どうせやっても意味がない」

行動量の多い組織の成果は高い。
行動量の少ない組織の成果は低い。

つまり、成果を出すためには組織の構成員の自己有用感を高く保つ必要がある。
「金払ってるからその分働け」だけだと他社に人が流れる。

自己有用感は自尊感情と異なりひとりでにうまれるものではない。
たとえば「感謝されること」によって実感される。むしろその他の手段では醸成しえない。

すなわち、組織の自己有用感を高めようと思ったときにトップがまずすべきことは、
構成員に感謝することである。

しかし、感謝するのは意外と難しい。
思いがけない良いことをされたときに感謝を伝えるのは容易である一方、
「してもらって当たり前」なことに人はなかなか感謝できない。

「してもらって当たり前ゾーン」を小さくする。
それによって、「感謝ゾーン」を広げていく。

何事も当たり前ではない、と認識する。

今乗っている電車が動いているのも、
信号が適切に作動するのも、
地球に酸素があるのも。


組織に話を戻そう。
どうすれば組織の自己有用感を高められるか。

第一の方法は、自らの感謝ゾーンを広げて
感謝を発することであった。
しかし、この方法には限界がある。
トップが発せられる感謝の量には限りがあるからだ。
第一トップの仕事は感謝することだけではない。

ゆえに、組織的に感謝が飛び交う状態にする必要がある。
ワンマックプリーズ、センキュー。

ではどうすれば飛び交う感謝の量を増やすことができるのか。
そろそろ紙幅が尽きてきたので続きは3月10日のコミュニティフォーラムで考えることにしよう。
(答えが見つかっていないのはナイショだよ)

http://crfactory.com/seminar-event/3253/

「逆ボランティア」をさせたら失敗か

あるデイサービスにフラダンスのボランティアが来た。

そばにいた女性の利用者はニコニコと楽しんでいる。
私も一緒にながめた。

披露が終わり、ボランティアの皆さんが去っていく。
女性はさぞ楽しんだであろう。

「よかったですね。いかがでしたか?」

急に顔をしかめてひと言。
「逆ボランティアしちゃったわね・・・」

なんと!楽しくなかったのか!!


ボランティアだけで本当にいいの?利用者・入居者は楽しめているの?
このことを訴えるときに、逆ボランティアのエピソードを使ってきた。


けれど昨日、ある特養のレク委員長の方と話して新たな視点に至った。

彼女もちょうど、フラダンスのボランティアを頼んだことがあった。
施設に招く前に、一度見に行くことにしている。

正直、いまいちだった。
これは盛り上がらないかもしれないなぁ。

実際に来た。ぼちぼちであった。
けれど、その後が違った。

数日経っても利用者がくりかえし
フラダンスの話題を口にしたのだ。

「あの人トシだったね」
「あの人へただったね」
言葉は文句だが、楽しそうだった。

レク委員長は、このことを評価した。
意味があるかどうかを、私の判断で決めつけてはいけないんですね。

先日「カリスマ先生が去ったあとのクラスは荒れる」
という趣旨の記事を読んだ。

「提供」すればするほど人は受け身になり、
相手に求めるようになる。

むしろ「自分たちは成し遂げた!」という思いを
感じられるようにすることが良い。


音楽で癒す。いい演奏を聴いてもらう。
これは、提供である。

もちろん提供してもらうのは気分が良い。
必要なサービスである。

一方、提供型ではない場をつくる意味もある。
自分たちはやった。できた。と感じられるような。


介護の現場には、利用者本人が
「やった」、「できた」と感じられる機会が多くない。

「自立支援をしましょう」という教えがあっても、
まだまだ提供してしまう。できることを緩やかに奪う。

無理もないことではある。

私が介護職員であったとしても、失敗しないように、
余計な手間が増えないように反射的にサッと手を出してしまうだろう。


とはいえ介護を要する高齢者は今後益々増え、
担い手は思ったようには増えない。

介護施設運営事業者にとっては
「介護サービスの提供」ではなく「共に生きて足りないところだけを補う」ための
業務の組み換えが必要だし、
我々のような関連事業の担い手には
「介護職員と共に利用者・入居者の『できること』を見つける」視点が求められる。


「逆ボランティアしちゃったわよ」という話を聞いて
そんな思いをさせるなんて「今日のボランティアはけしからん」
と憤ることもできる。

しかしこの言葉には、実は、
「私、ボランティアしちゃったわよ」という満足感が
混じっていた可能性もある。

「○○さんにはボランティアマインドがあったのか」
「この貢献意欲を何かに活かせたらより幸せを感じられるのではないか」
とアセスメントすることもできる。

【追記】
フェイスブックで記事をシェアしたところ、
「たとえ楽しそうであっても『あの人トシだった』とか『へただった』という言葉は
聞きたいものではないのでは。」
「来たボランティアがそのように《評価》されていると知ったらどんな気分になるか。」
という指摘をいただいた。

もっともで、自分の視点が偏っていたと思う。

とはいえ、レク委員長が評価したフラダンスのボランティアは、
鼻から評価を求めていなかったかもしれない。

「一緒に楽しみたい」くらいの軽い気持ち。

もし「トシだった」と聞いたら「そりゃそうだ~!あたしら平均80歳。」
「へただった」と聞いたら「月1回しか練習してないからね~!あっはっは」

なんて言いそうな。

だから利用者も気楽に感想を言えたのかもしれない。
想像にすぎないけれども。