スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強くあたたかい組織をつくるには?

2013年にはたった4人だったリリムジカ。
毎年5名~6名メンバーが増えて、
今は運営チーム3名、ファシリテーター21名のコミュニティになりました。
地域は東京神奈川千葉埼玉栃木に加えて大阪。
年齢は20代~60代。
今年も5~6名増える見込みです。

そんな中、コミュニティとしてのリリムジカはどうだろう?
音楽×高齢者という分野への前向きさ。OK。
プロ意識。OK。
ミッション理解と共感。正直、不安もなくはない、、。

リリムジカを、もっと、いいコミュニティにしたい。
ヒントがほしいと思って、CRファクトリーのコミュニティフォーラム2017に参加してきました。

ヒント満載でしたので、メモをのこします。

170325_01.jpg

CRファクトリー代表の呉(ご)さんの基調講演。
目的のために人を手段にしすぎていないか。
人に寄り添いすぎて成果や成長スピードが鈍っていないか。

今の私の自己評価はやや後者。

あと、コミュニティの基本構造。
精鋭タイプか多様タイプか。
前者は甲子園目指す野球部。後者は誰でも入れるグループ。

リリムジカは前者。
けど、均質では発想が限られてしまう。
意識の高い集団でありながら、多様性を可視化し続けたい。

現時点でも年齢様々、地域様々。
未婚、既婚、離婚。子どもあり。子どもなし。
性別の壁も越えたい。今は女性だけなので。

あと、神奈川県横浜市戸塚区で活動するこまちぷらす代表の森さん。
多様な人材が関わる。けれど、カフェで提供する1250円のランチの質は下げたくない。
だから徹底した研修。けど、運営はオープン。
毎月代表がビデオメッセージをつくっている。この努力すごい。

170325_02.jpg

基調講演のあとは分科会。
かものはしプロジェクトの本木さん。

村田さん、青木さんのお話はきいたことがあったけど、本木さんは初めて。
落ち着いた物腰。ぶれない目。修羅場を乗り越えてきたオーラを感じた。

お話では「ミッション原理主義」が心に残りました。

「子どもが売られない社会をつくる」が不動のミッション。
だから、IT事業では解決につながらないと思ったときに撤退した。
カンボジアで問題が解決に向かったときに、インドに目が向いた。
カンボジアでの事業をやめる決断もできた。

もちろん、いつも迷わなかったわけではない。
インドに向かうとき、寄付をしてくれる支援者が理解してくれるか不安があった。
総会で話した。
話してすっきり。応援してくれる人の気持ちがどこを向いているかわかった。
ぐっとインドに突入できた。

170325_03.jpg

仕事をはやく進めるための議論。
仕事をとおくに進めるための対話。

対話だけだと何も生産されない。
議論ばかりだと「人はツール」になってしまう。モチベーションが下がる。

かものはしでは最初の10年は議論中心だった。
最近は対話に寄りすぎていると感じている。

では、いつ対話をすべきか。
団体内で喧嘩、人間関係の問題、給与に関する不満が出たときとか。

170325_04.jpg

対話を重ねると、結果として組織を飛び出す人も出てくる。
正直寂しい。けど、より大きな社会システムに深く働き掛け、社会を育てるという価値観がある。

なんて素敵!

リリムジカのメンバーも、魂とつながるような自分ミッションが見つかったら、
ぜひぜひ、飛び出してほしい。もちろんリリムジカと相乗効果が見込めるならば
平行してはたらいてもらえたらうれしい。実際そういう人もいるし。

170325_05.jpg

続いて民間学童保育事業を営むチャンスフォーオール(CFA)の中山さん。

「生まれ育った家庭や環境でその後の人生が左右されない社会」
をつくるのがミッション。

毎年倍々で運営施設が増えている。
優秀な人に長く働いてもらうために全員正社員。
求人難のところ倍率6倍。

ただ、急拡大のひずみもある。
社会を変えたいではなく「子どもが好き」「学童がやりたい」が
スタートの職員。どうミッションに意識を向けていくか。

おぉ、そうか!最初からミッションにフルコミットしている人材でなくてもいいのか。
リリムジカもこのパターンに近いかも。
「自分の音楽能力を活かしたい」が入口の方も結構いると思う。
このキーワードで募集もかけているわけですし。。

さてさてCFAがどうやって職員の気持ちをミッションに向けていくか。
1.厳しい採用
面接の時点で「どういうふうに生きていきたいか」を聞く。
現場訪問最大3日間。

おっ、リリムジカと近い・・・!

2.WELCOME研修
価値観や文化を伝える。それを、今いる先生たちが説明する。
新しい先生にとっても、今いる先生にも勉強になる。
普段現場にいると理念を忘れがちなわけで、、。

これはリリムジカあまりできていない。
実習を担当する先輩ファシリテーターは話す機会があるけれど、
理念についてはあまり話していないかも。
考えは語って、アウトプットしてこそ、身につくもの。

3.トリプル3
3days 3weeks 3month で面談の機会を設ける
私たちはあなたの味方です、と伝える。
入職4日目で来られなくなったスタッフがいた。
面談をした。なぜつらいか本人もわからない。
話をしていった。実は、交通費の申請の仕方がわからなかった。
夏休みの働く時間がわからず不安だった。
現場にいると、ちょっとしたことが聞けないもの。
話していったら、表情がやわらいだ。今もそのスタッフは働いている。

それから、絶対的な価値観として以下2つ。
・それはこどものためになっているか
・発言したことで不利になることはない

何度も伝えている。

前者について質疑応答で「でも、採算取れないアイデアはどうするんですか?」と聞いた。
「採算は、考えません。それがこどものためになることならば、お金は集めます」と中山さん。

お、漢だ、、。私は、採算ロックがかかっていた気がする。。

後者について、実は、なんでも発言して良いのは大変。
言って、できないことはない。できることは、やるべき。
思うことがあるならばださなければいけないし話さなきゃいけない。

170325_06.jpg

3つ大事なこと。
印象に残ったのは3番目。
自分のため、がこどものため。
CFAのためにがんばるのではなく、自分のためにがんばるという考えを持ってもらう。

これはリリムジカも近い。
リリムジカのためにがんばってほしいのではない。(組織を好きでいてくれるのは嬉しいけど!)
おとしよりのためにがんばってもらいたい。

170325_07.jpg

1つめの分科会ラストはチャリティーサンタ事務局長の城田さん。あだなはパンチ。
学生時代にサークルの先輩に「お前パンチな」と呼ばれてパンチになった。
最初はげげ~だったが、思いのほか愛されるあだ名になって好きになった。

チャリティーサンタは、ジョインするまでの敷居が低い。
基本的には誰でも参加できる。

2016年は約1700人ボランティアサンタ。
活動が広がると一人ひとりを大事にしにくいのは事実。
支部の活動を頑張ってくれる人に感謝を伝える。悩みがあったら聞く。

一気に増えて、クオリティが落ちたことがある。
全国合宿で、浸透させることに取り組む。

ボランティアは活動を広めたい。
事務局は事業を進めたい。
ボランティアと事務局が違う方向を向くこともある。
代表に意見を言える機会をつくる。
ちゃんと聞く、と言う姿勢。そのとおりにするかは別として。
意見を吸い上げて決めていく。

リリムジカは、みんなが代表に話せる公の機会が遅れていたと思う。
個別に来た話を、まとめて周知してはいたけれど。

前回のFT会で、たまたまコンテンツが空いて質問コーナーができた。
すぐに解決できない話もあがったけれど、FT会後のアンケートでは質問コーナーの評判がよかった。

170325_08.jpg

分科会2!高校生にキャリア授業を行う2団体。
写真は群馬で活動するDNAの沼田さん。
ずっと北海道の実家で暮らして大学から群馬に来た沼田さん。
最初の1年、なじめず引きこもった。バイト先でも無表情。
そんなときバイト先の先輩が声かけ。
「沼田くん、洗い物助かったよ!」
「沼田君のおかげで仕事がやりやすかったよ!」
ものすごくうれしかった。

DNAはもともと高崎経済大学の教授が立ち上げた。
大学生に社会との出会いを提供することが活動だった。
教授が退官するタイミングで沼田さんが引き継いだ。
第二創業期。ターゲットを高校生に変えた。

1つの高校で実績をつくって、一気に広げた。
代表を引き継いで、その後のびのび羽ばたく理想形だと感じた。

分科会2のもう一人のパネリストはカタリバの辻村さん。

実は、自分の意思でキャストになる人もいれば、
学校のカリキュラムの一環でキャストになる人もいる。

どうやって、後者の人が積極的になれるようにするか。

・目標やチームのルールを一緒に決める
・キャスト経験者が新しキャストに教える
・キャストの中でもナナメの関係

自分をさらけ出せる場づくりって、スーパーファシリテーターじゃなくてもできるの?
まずは、キャスト自身が自分をさらけ出すこと。
キャストは9時間の研修プラス課題に取り組んでいる。
まず、キャスト研修の段階で「自分の根幹に深くかかわる価値観」を
安心して話せる場を体験してもらう。
その場について「何がよかったか」を自分で振り返ってもらう。

教育現場から、元々ウェルカムだったの?
最初は、高校生を見ていた。
「私たち大学生だから高校生の気持ちわかる」と言って先生に提案。
届かなかった。
先生の気持ち、今の課題を徹底して聞いた。
受け入れられるようになった。

新しい学校で行うときには、かならず先生に一度実践をみてもらっている。

170325_09.jpg

分科会後は、まとめ!
違う分科会に出た方から聞いた話。

本当の平等って何だろう?たとえばケーキを4人で分けるとき。
単純に4等分するのがベスト?
人によって、食べたい量、食べられる量が違う。
ポラリスさんでは、ジョインするときに、希望や特性の確認をするとのこと。

はっ!自分は無意識に、何でも等分で済ませていなかったか。
たしかに、確認はひと手間。でも、それが、より深い納得感や幸せにつながるのではないか。

(追記)
帰ってから分科会で上記のコメントをされたポラリス市川さんに、背景を伺いました。
デンマークでよく用いられる比喩なのだそうです。
参考URL http://runnershigh1.com/pizza/

170325_10.jpg

最後は、パネリストたちから一言。
「ここにいる理由がある」グッときました。

それからSETの三井さんが、「今やりたい」に正直に、と仰ったのも響きました。
色々制約条件があるから先延ばしになる。
けど、「今やりたい」に正直になる。
向き合って取り組む。愚直だけど、気持ち良いですよ、と。

たしかに!と思いました。

最後に全体をとおしての感想。
今思うと、このところ自分自身が、現状維持モードになっていました。
もっと、攻められる。一日とおして、「場」に背中を教えていただいた気持ちになりました。

参加者のみなさん、CRファクトリーのみなさん、ありがとうございました!
スポンサーサイト

「正しさ」で攻めようとしていないか

170225_01.jpg

何かをしようとするとき、だれかを説得しようとするとき、
私たちは「正しさ」からそれを語ろうとしていないだろうか。

「正しければ、それでわかってもらえる」と思っていないだろうか。

2月18日、コミュニティデザイナーの山崎亮さんの話を伺ってきました。
山崎氏はもともと建築がご専門。
阪神大震災のころに、親を亡くした子どもを、子どもを亡くした親が慰めているのを見たそうです。
こんな状態を災害のとき以外にもつくれないかという意識が
コミュニティデザインに取り組む根底にあります。

お話はJTと厚生労働省の戦略の違いふくめ、とても示唆に富む内容でした。
私なりに印象に残った点をメモします。

◎戦後から1960年代くらいまで、税収が間に合っていなかった。
ゆえに地域のことは自分たちでやった。たとえば道普請(みちぶしん)(参考ブログ)。
1960年代以降税収がふえて、行政ができる領域が増えた。
最初は感謝していたけど、無駄も感じるようになった。これが1970年代。
1980年代には余ったお金の使い方を住民たちで考えるように。「まちづくり」の始まり。
2000年代からは余った税金がなくなってきた。
2010年代から、もう一度住民が自分たちで地域のことを担う時代。

◎なぜいまコミュニティデザインか。理由のひとつに、国や行政にお金がないということがある。

◎行政の「すぐやる課」。むしろ「あなたと一緒にすぐやる課」がよいのでは?

◎ワークショップをやるときに、まだ要望、陳情感覚の人がいる。今すべきは提案実行型ではないか。

◎仕事をして、コミュニティデザインの教科書はないと思っていた。
OJTしかないと思っていた。
しかし、社会福祉の教科書をみたら考え方が見事にまとまっていた。

◎ヒアリングをするとき、会議室にきてもらうのではなく、相手のところにいく。相手に主になってもらう。

◎地域に入るとき地域の人脈がどうなっているのかを理解する。
誰に力があるのか。誰と誰を同じテーブルにしてはいけないのか。

◎いきなり攻撃しようとしてくる人もいる。
集まったときに、キーパーソンに大きな声で挨拶。
自分自身の、その地域におけるつながりを見せる。

◎正しさだけでは人は動かない。楽しさ、美しさが必要。

◎コミュニティ、エンパワーメント、オーガニゼーション。
コンセプトはみな「正しい」。ただ、それだけでは動かない。

◎行動経済学によると、人は2つのシステムで物事を判断する。
システム1、システム2。システム1は感性。システム2は理性。
システム1の判断は短い。またリテラシーを要しない。
システム2の判断には時間がかかる。またリテラシーを要する。
※システム1とシステム2についてはこちらのブログの対比もわかりやすいです。

◎タバコに関して、JTの戦略はシステム1。
良いかどうかは別として「おしゃれ」に訴えかける。
一方厚労省はシステム2から攻める。
癌になる確率とか。それは、厚労省は勝てない。

◎医療福祉のキャンペーンはシステム2に訴えがち。
一般人が「介護保険がパンクします」と言われてもピンと来ない。

◎ふるい公民館でママイベントに参加している自分の写真が
インターネットに載っていいと思えるか。
「私はここに居るべき人だ」と思えることが大事。

◎事例集めはスポーツだ!
まず、ネットを使って100の事例を集める。
そのうち10くらいはピンとくる事例がある。
10の事例についてまとめる。
10の中で特に気になったものについて本、雑誌で深堀してさらにまとめる。
「こりゃすごい。感動。かなわん。」と感じたものについて、手土産持って会いに行く。

◎事例をたくさん知っていると目利きになれる。
ワークショップで出た案のうち、何が伸びるものかがわかる。

◎漫然とKJ法をしても仕方がない。
スタッフに10倍の知識があるかどうか。

◎地域で何かをするときにいろんな声が飛んでくる。
大切なのは「わかる!」と言ってくれる仲間。叩かれても「でもやろう」と思える。

今回で11回めを迎えたPRESENTの企画運営も見事でした。
Join for Kaigoの秋本可愛さん(写真左)、運営の皆さん、ありがとうございました!

地域で暮らす認知症の方のオペラプログラムから学ぶ

170217.jpg

東京都健康長寿医療センターの伊東美緒先生、菅亜希子さんにおつなぎいただき、
スコットランドの介護・福祉の研究者ルイーズ マケイブ(Louise MacCabe)先生にお会いしました。

オペラ運営会社(以下オペラ会社)の取り組みの観察研究の話が興味深かったので内容をメモします。
(わたくし英語が得意ではないので、情報が一部誤っているかもしれません汗)

◎何を意図した取り組みか
・地域で暮らす認知症の方が社会に出ること
・オペラはスコットランドでも日本と同じように、必ずしも身近なものではない
・オペラ会社にとっては、オペラを社会に広めると考える意図があった
・家族や知り合いを呼んで認知症の方がパフォーマンスをするのが良いのかわるいのかは、実は予測がつかなかった
・プロの人と一緒に何かをすることが認知症の方の自信になるのではという仮説もあった

◎構造は?
・対象者は地域に住んでいる方
・当初22名の認知症の方とその介護者22名、44組が参加
・やる人は募った。介護者がいない人にはボランティアがついた
・毎週全員が参加したわけではない
・最後の発表は27名。人によっては、選択の結果、参加しなかった人もいる
・期間は3~4か月。計12回程度の練習を実施
・オペラ会社のメインスタッフは5名~6名。歌手、演奏家、映像関係のスタッフ、デザイナーなど
・加えてボランティアスタッフが入った
・オペラは歌、ダンス、演技。様々なものの組み合わせだから効果があるのでは
・音楽とか舞台に合わせて服も用意する。
・インターネットで関係する動画も見れる。これは4クール目の動画。

◎財源は?
・詳しくは不明。ただ、募金が使われている
・スコットランドは慈善事業、チャリティが盛ん
・オペラ会社も出しているが、チャリティも活用している

◎練習はどんな感じか?
・毎回、いきなり練習ではなかった
・ランチをしたり、お話したり、ウォームアップしてから取り組む
・「愛」というテーマについて歌詞をつくったこともある
・オペラ会社の人は、はじめはメインのストーリーを用意したが、一緒につくっていくことになった
・いろんなピースをつないでいくことになった

◎配役は誰が決めた?
・最初はオペラ会社のスタッフが決めるつもりだった
・けど認知症の人たちに自分で決定したい気持ちがあった
・オペラのひとたちが全部決めるわけではなくなった
・オペラスタッフは認知症にくわしいわけではないのでやっていくなかで調整を加えていった

◎取り組みをどのようにどうやって評価した?
・インタビューによって評価した
・ただ、話すのが難しい方もいる。そういう場合には参加しながら観察する研究者がいる
・ビデオをみながら、笑っているか、コミュニケーションをとっているかの確認もした

◎どんな結果が得られたか?
・たとえば身体的な変化。アクティブになったし自信がついた
・介護する人も認知症の人もオペラが得意ではない。練習の中で対等になる。
・オペラっぽい表現ができるようにもなった
・参加者の中には特技がある方もいた
・ダンスが得意な人はそれを活かした
・普通のイベントだと忘れているけれども、このイベントは覚えていた
・なぜ覚えたか?おそらく音楽はただの記憶ではない。
・通常の出来事の記憶と音楽は違う。だから覚えていたのではないか。
・音楽と言葉と感情がからまっているので単に出来事を記憶するのとは違う
・オペラ会社人にも変化はあった
・最初、研修をした上でオペラ会社の人は進行したが、伝わらなかった
・なので改めてアルツハイマー協会の方に来て研修してもらって改善した

◎今後の課題は?
・3~4か月のプログラムが終わるとそこで切れてしまう
・研究や企業企画の取り組みは、期限が限られている(助成金)

◎管感想
結果の中で「認知症の方と介護者が対等になった」という点が印象に残りました。
ケアされる、ケアする日常の中で、両者の対等性に気づく機会は多くない。
「おんなじなんだ」と感じることで、双方相手に対して抱いていた思い込みが解消される。
リリムジカがつくる場においても、普段とちがう「素」が出るようにしていきたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。