裸踊りは現実に起こりうるか~石の橋づくりをとおしての考察~

「裸踊り」という有名な動画がある。
https://youtu.be/OVfSaoT9mEM

何か新しいことを始めるとき、最初はなかなか人がついてこない。
しかし、最初のフォロワーがあらわれどのように楽しむべきかの見本を示す。
徐々に人が増え、最後には一大ムーブメントになる。
見たことがない人は、ぜひ上のURLで見て欲しい。

さて実際にこのようなことを起こすことはできるのだろうか。
鯉のぼりを見に出かけた相模川で検証した。

1.検証しようと思うに至るまで
・川遊びをしていたところ、中洲を見つけ、渡ってみた。
途中最も深いところでは自分の身長でひざまでつかる。小さな子が渡るには危ない。
・誰かが積んだ石を発見する。橋にしようとしたのだろう。
完成しているのは川幅の10%くらい。大変そうだが、全く無理ではなさそうに見えた。
・石の橋がかかったら、小さい子どもも渡れる。
楽しそうだ。裸踊りスタイルで完成できるかやってみよう。

2.プロジェクト開始
・最初、無言で石を積み始めた。わが家の子どもたち(7歳&5歳)に声をかける。
「石の橋、つくってみない?」「いいね」
・三人でもくもくと続ける。
・そのうち意図を理解し、ながめる子どもたちがあらわれる。「一緒にやらない?」と声をかける。
・わが家の3人、男の子の兄弟2人、女の子2人と男の子1人の3人グループ。合計8人になった。

180502_01.jpg
↑はじめて少したったころ。まだまだ元気。

3.順調な初期
・ひたすら続ける。完成した姿を思い浮かべるだけで楽しい。体が動く。
・指示せずとも、各自思い思いがんばっている。
大きい石を探す者。幅を広げようとする者。小さい石でバランスを保とうとする者。
・次男(5歳)が「これは会社だね!」と発言。
「パパと●●くん(長男)が始めたから二人が社長だね」という。
(三人で始めた気がするが、、。謙虚な男だ。)
・我が子をふくめ一緒に作業するメンバーには
「大きくてちょうどよい石だね!」などとポジティブな声かけを心がけた。

180502_02.jpg
↑別の角度から。徐々にきつくなってくる。

3.困難に直面
・石を積み進めるにつれ、だんだんと深いところに近づいていく。
置けども置けども石は水面に出てこない。
・しかも、積むに値する大きめの石はすでに近くにはなくなっている。
遠くに取りに行かねばならない。ただでさえ石は重いのに!
・わが家の子たちは飽きはじめ、魚を探しにいってしまった。
・徐々に疲れも感じはじめる。

4.競合の登場
・せっせと橋を積む我々を見て「自分たちもやってみよう」とする者があらわれる。
むむむ。新しくつくるならこっちを手伝ってくれればいいのに。
・「こっちだいぶ進んでいるんだけど、よかったら一緒にやらない?」声をかけるも入ってはもらえず。
・競合はしばらく石を積んでいたが、ほどなくして手がとまり、いなくなった。
思ったほどは進まずあきてしまったのだろう。

5.チームの変容
・我々のグループでも新たに社長を名乗る者が出てきた。
女の子2人&男の子1グループの最年長ど4年生くらい。
「私が社長よ。あなたは橋を広くしなさい。広くしないと反対側から同時に来たときに渡れないわよ。」
友人に対してなかなかの命令口調だ。自分では大して動いていないのに。
彼女の友人たちが適度に言うことを聞きながら手と足を動かし続けているのが救いである。
「橋はバランスが大事よ。そこのオトナ、バランスも考えなさい」
私にも命令してくる。むっとしたので聞き流した。
・わが家の子たちはもう、ときどきしか姿を見せない。父がこんなに頑張っているというのに!

6.暗中模索
・人も少なく、作業も進まず心細くなってくる。
・諦めたくなってきた。最初よりだいぶ進んだ。
これでよしとしてしまおうか。誰かが続きをやって完成させてくれるかもしれない。
・こちらをちらちら見る人にタイミングをみて声をかけるがなかなか仲間に入ってはもらえない。
・一人でも大人がいれば。そう思って誘うも笑ってにごされる。
・心がおれそうになる。「始めなければよかった」とも思った。
・しかし、その間も2年生の男の子ががんばる。彼を見て自分もがんばる。
・それでも、だんだん握力がなくなる。大きな石を運ぶ力がなくなる。

7.救世主
・そこに、めがねのおにいちゃん(三年生くらい)が登場
・小さい子が入りにくい深めのポイントを担ってくれた。二人でやればスピード倍増である。
・さらに2年生男子の母も登場。「そろそろ帰るわよ」まずい!貴重な戦力が抜けてしまう。
・しかし息子ががんばる姿を見てなんとお母さまも加勢。
(早く帰りたい母親と、早く完成させたい我々の利害が一致!)
・離脱しがちだったわが家の子たちも戻ってきた。
・最後のふんばり

180502_03.jpg
↑あと一息!

8.ついに、、完成!
・とうとう橋が完成。
・2年生男子は一度渡って帰っていった。
お母さん「お世話になりました」私「こちらこそ、ありがとうございました」
・自分でもわたってみる。「ああ、本当にわたれる!」声がもれた。
・女の子社長がバランスを重視してくれたお陰で、特に橋の最初と最後は渡りやすい。
真ん中の深い部分は、やはりグラグラである。彼女の指摘は正しかった。
・用があって橋を離れてから戻ってみると、メンバー以外の子どもも大人も渡っていた。
・これがつくりたかったんだ。そう思った。

180502_04.jpg
↑ついに完成!

180502_05.jpg
↑知らない人がわたっている。橋は公共材になった。※この中州は左側で陸地とつながっていて安全です(正確には中州じゃないですね)

9.考察
・裸踊りほどの一大ムーブメントにはならなかったが、仲間を募って完成させることはできた。
・建造する楽しさを感じた。古代の人たちが巨大な建造物をつくるとき、
同様の苦労と興奮があったものと思われる。
・完成をイメージして体を動かし続けられる時期がある。
報酬がなくても行為そのものが目的になっている。
この時期はいつまでもどこまでも頑張れそうに思える。
・とはいえ難局は必ず訪れる。初志を忘れず手を打ち続けるべし。
・仲間の存在は重要。仲間が頑張っているから自分も頑張り続けようと思える。

(追記)
・裸踊りの動画を見返したところ、最初のフォロワーがほかの人を誘っていた。
・今回ムーブメントにならなかったのは、「自分以外が知らない人を誘う」という行為が
発生しなかったからではないか。
・「仲間に入ってくれそうな人がいたら声をかけてくれる?」とメンバーに呼び掛けたら
さらに多くの仲間が入ったかもしれない。
大人たちも、私に言われるより子どもたちに頼まれた方が入りやすいかも。

明治大学の2年生80人とお話する機会をいただきました。

171110-02

今日は明治大学の小林秀行先生、ETIC.の関根純さんにご依頼をいただき
「インターンシップ入門」という科目で100分間の講義を担当しました。

事前の打ち合わせで、学生の方々は「自分らしい人生を歩みたい」と
思いつつもなかなか踏み込めない傾向にあるという話が出ました。

なので今日はいただいた時間の中で全員が、
自分が関心を持っている領域に一歩踏み出せるようにしようと考えました。

◎やろうとしたこと
・冒頭で自分の関心領域を言語化できているか&関心領域で動けているかを確認する。
・後半、学生に話を振り、出られそうな場合には前に出てきて今感じていることを語ってもらう
・後半で学生がオープンになれるよう、前半で自分の話を60分くらいする。失敗談を中心に。
・その後、自分の関心領域をノートに書き出してもらう
・関心領域に関する予定を入れる(予定を入れられた人の割合が今日の成果指標)
・なかなか予定が入れられない人のためにスリールさん、ETIC.さんの力を借りてイベントを紹介する

◎実際に起きたことと、それに対してやったこと
・着いたら学生がU字で座っていた。なるべく教壇から遠くに座る配置。
びっくりした。教壇からだと遠すぎるので、前の方の机に座って話した。
・話しながら5人くらい眠っている人が目についた。焦った。
・自分の話を60分くらいしようと思っていたが、焦りすぎて40分くらいで終わってしまった。
・自分の話が予定よりも早くおわったので、質問を募りながら6~7人に話を振った。
うち4人くらいに前に出てきてもらった。1500分の2くらいの狭き門に奮闘している人、
バイト先の先輩が住宅販売の会社を立ち上げて活躍しているのを見て
自分も営業マンを目指しているという人、会計や経営に興味を持っているが
何から始めたらいいかわからない人。
・学生の皆さんが思いのほか率直に話してくれたので、
なんと小林先生が自分の黒歴史を話し、関根さんもアドバイスをしてくださった。
TAの方も!大人たちはやさしい。
・イベントを紹介してくれたETIC.のインターン生荒川さん、
スリールの学生スタッフ浅井さんが二人とも素晴らしかった。
「一歩踏み出すとこんな展開もあるのだ」と感じてもらえたと思う。
・講義の時間をとおして、関心領域を言語化できるようになった人、
実際に動けるようになって人が増えた。(写真は関根さんが書いてくださったメモ)
171110-01
・成果指標だった「予定を入れる」について「予定が入れられなかった」のは
5~6人だけだった。つまりほとんどの方は何らかの予定を入れることができた。
・講義終了後も小林先生、関根さん、私それぞれに声をかけてくれる学生さんがいた。
20分くらい話し込んだ。小林先生に「めずらしいこと」と言ってもらえてうれしかった。

◎次回以降の改善点
・自分の話が40分で終わってしまったのは、項目が25個もあり
「急いで進めねば」と焦ったからだと考えられる。
60分だったら話題を7~10個くらいに絞ってスライドもつくり、
一つ一つをしっかり説明した方がよかったかもしれない。
・関心領域をみなさんに書き出してもらったあと、それを共有する時間を設けてもよかった。
・終わった後、介護や福祉に関する質問をしてくださった方もいた。
今日は「こんな感じでもやっていけますよ」ということを伝えたくて
学生時代から今にいたるまでの失敗を中心に話したけれども、
もしかしたら仕事のことをガンガン伝えてもよかったかもしれない。
・レジュメに「るろうに剣心」の挿絵(齋藤一が「お前のすべてを否定してやる」と言うシーン)を
入れたが今の学生は牙突を知らない
・レジュメに「うわっ私の年収低すぎ」の挿絵を入れたが今の学生は@type知らない
・上記2点については自己満足に走ってしまったことを反省している
・小林先生と関根さんの打ち合わせの時点で「インターンの話いらない」で
合意したものの、直前でSFCドローン未来社会論事件がおきて、
やっぱり話はシラバスどおり進めねばならぬと悟り、インターンの話もいくらかはすることにした。
といういきさつをわざわざレジュメに書いたが別にいらなかった。

反省点も多々あるが、とても楽しいひとときでした。
小林先生、関根さん、関係者の皆様、今日はありがとうございました!

「分断」とどう向き合うべきか

170211.jpg


「普段行かないようなところに行ってみたい」と思っていたところ
友人(渡部清花さん)がトランプ政権後の社会についてのイベント
関わっていたので出かけてきました。

登壇者はリディラバの安部敏樹さん、ハフィントンポストの竹下隆一郎さん、エウレカの西川順さん

いろんなところに話題が飛んだが、印象的だったのは、「分断」との向き合い方。
登壇の三者それぞれ、分断とのどうかかわるべきか、持論を持っていた。
にもかかわらず、実際の行動においては同じことをしていた。

まずそれぞれの持論についてまとめてみる。
(ざっくりなので本人たちの意図を正確には反映していない可能性大)

阿部さんは「本当はリベラルがいいけど、分断するのが人間の本質」。
竹下さんは「分断があるのは確か。無理にいじらなくても良いのでは」。
西川さんは「ビジネスにおいては分断に良いも悪いもない。分断があるならそれに対してどう行動するか。」

では、行動はどうか。三人が三人とも、分断先をまさぐっていた。
自分と違う層であることを理解したうえで、無視せず、むしろ突撃。

阿部さんはアパグループ代表に突撃してワインをごちそうになって喧嘩。マイルドヤンキーのツイッターをフォロー。
竹下さんは歴代彼女の地元の友人に積極的にアプローチ。彼女との縁がおわっても友人とは続いている。
西川さんは韓国でサービス展開をするために友人に「違う層の友人を連れてきて」と頼んで飲み会実施。

コンフォートゾーンを出ようという主張は共通していた。
生きるためにどうすべきか、結論は出ていた。
自分と違う層に突っ込む。それが自分の差別化になる。

では、分断に関する持論と仕事における実際の行動の違いをどう理解しているか。
西川さんは持論と行動の背景がビジネスで一貫していたけれども、ビジネスを除いた場合にどうなるのか。
それを聞いてみたかったけれども、今日は時間切れでした。

ちなみに私自身は、日ごろ分断先をまさぐる行動があまり取れていないことを反省。
介護業界は昔は無縁だったけれども、今はもう中の人になってしまった。

事業家レベルを上げていくために、今後も場違いなところに出かけ続けようと思う。