スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「空気」で人を動かす

自分で言うのもなんですが、リリムジカはたぶん「空気がいい」会社です。
空気のつくりかたは、横山氏の本の考え方、手法を活用しています。

読んだのが2-3年前。
ちょうどメンバーが増えはじめて、組織をどうつくるべきかに悩んでいました。

どうしてうちのチームはだらけているのか。
なぜシメるだけではいけないのか。
この世でがんばっているのは自分だけではないのか。

これらの問いへのこたえをみつけていくことができます。
チームの現状を理解し、あるべき姿に向かわせることができます。

困っている管理者リーダークラスの方がいたら、
ぜひ手にとっていただきたいです。
スポンサーサイト

「いいかげんがいい」を少しずつ読んでいる

11月29日(日)に杉並区のもび~るさんが主催する鎌田實先生の講演を聞きに行く。

その予習として、先生の書かれた書籍を数冊購入した。
最初に届いたのがこの「いいかげんがいい」だった。

●スイスのマッターホルンで1人旅をする75歳の方のくだり。
 がんで肝臓の3分の2を摘出している。

外国でのスキーを毎年続けている。お金持ちかと思った。
「ケチケチ旅行でね。レストランで夕食をとらないようにしています。スーパーで地元の手ごろなワインと食べ物を買ってきて、部屋で食べる。年金生活です。」
ますますこの男が好きになった、いいなぁ。

先日高齢者向けのウォーキングイベントに参加したとき、
とても肌つやのよい女性がいた。声をかけると70歳!
くしゅっとしたニット帽子をおしゃれにかぶりこなしている。

「この歳になると雑念がないから、、子どもとか、夫とか、
みんながどう思うかなんて、あまり気にしないの。
iPodに好きな音楽や英語を入れて、一人でいろんな山に登りに行っているわ。」

生涯現役を標榜する人の話を聞くと、元気が出る。同じと思う。

●ずっと旅役者をしていた笑顔あふれる75歳の女性のくだり。脳卒中で左片麻痺。
 デイケアが楽しい。折り紙、切り絵、すべてが勉強になると言う。

ふうん、と僕は思った。調子のいいこと言ってるな。
折り紙がそんなに楽しいわけがないと思った。
あるとき、彼女に聞いてみた。
「なんでそんなに折り紙が楽しいの」
思いがけない答えが返ってきた。
「字を書くことも、絵を描くことも、してこなかったんです。先生、私ね、
小学校に行ったことがないんです」
(中略)
「学校には行かせてもらえませんでした。字は読めるんだけど、書けません。今、デイケアで教わることはなんでも、私にとってはうれしい勉強なんです。」
(中略)
字を書けなかった女性のニコニコ顔と向かい合いながら、僕は思った。幼いときに恵まれなかったことで、この人の目には、同じデイケアが輝く時間に感じられている。いいなぁ・・・・・・・こういう気持ちを持っている人って。

真剣に、やることだと思う。小さなころは私も一生懸命、鶴を折った。楽しかった。
自分はこんなことをしているはずの人間ではない、という考えだと損をする。

「元気なNPOの育て方」の成功へのチェックポイントがしっくりくる

うまくいっている事例を相当数取材すると、
ちゃんと、ためになる知見が蓄積されるようだ。

本書は前半と後半にわかれており、前半にはアサザ基金や
Jaeeなど名の知れたNPOの情報をまとめたカタログ、後半には
その情報をもとにNPOの成功法則が書かれている。

そして、この成功法則がなかなかよくできている。



第Ⅱ部 NPO成功への戦略 第2章 成功へのチェックポイント
括弧内は管による補足

1.成功モデルに学んでいるか (自分勝手なノウハウでやろうとてない?)
2.分野クロスを意識しているか (今までにないコラボレーションはある?)
3.事務局体制を整えているか (いつも電話に出られるようになってる?)

4.腹をくくった人間がいるか (この仕事でご飯を食べ、家族を養うぞ!)
5.行政の下請けになっていないか (受ける仕事と受けない仕事の線引き)
6.企画提案力を持っているか (下請けの仕事が来る前に提案!)

7.企業との差別化を考えているか (企業だとやりづらいからNPOなんでしょ?)
8.コミュニティ再生の意識を持っているか (事業を続けて誰が幸せになるの?)
9.開かれた組織にしているか (右手で仕事をしながら、左手で仲間を探せ!)

10.ボランティアを活用しているか (ボランティアも、顧客。)
11.情報公開に努めているか (グッドニュースを、次々と!)
12.批評者ではなく実践者であるか (「そう言うあなた何様!?」に負けない)

13.協働の場をつくっているか (「元凶」だと思われる人と手を組む。)
14.評価システムを持っているか (で、その事業で何が変わったの?)

うちはNPOではないが、近い要素がかなりあるので、「ここはできてきた」
「ここはもっと伸ばさなければいけない」などと、考える種になる。

とくに「なるほど~」と思ったのが、「1.成功モデルに学んでいるか」に
出てくる以下の記述。ちょっと長い引用になるが、ぜひ読んで欲しい。

「それはちょっと話せないんですよね~」と言われてイラっとしたことの
ある人なら、「やっぱりそうだろう!」と言いたくなるような話だ。

 「安心院町グリーンツーリズム研究会」の宮田さんは「グリーンツーリズムの運動を全国に広げていくために、私たちが知っていることは全部教える」と公言している。「ノウハウを教えたらお客が安心院から逃げてしまうのではないか……」という私の疑問に対して「ノウハウを教えることでお客が逃げるのなら、安心院にそれだけの力しかなかっただけの話だ」と潔い。宮田さんは「安心院さえ良くなればいい、大分さえ良くなればいい」というようなせこい考え方は持っていない。「日本全国の農村が一歩上に上がるためにみんなで手をつなごう」と呼びかけているのだ。

 この行動原理を聞いて、私は動的情報という言葉を思い出した。金子郁容は『ボランティア もうひとつの情報社会』の中で、静的情報と動的情報という二つの概念を示している。情報というものはすでにどこかに「あるもの」で「固定的なもの」という見方が静的情報の考え方、情報を相互作用や関係性から「生まれてくるもの」で「常に変化するもの」という捉え方が動的情報の考え方である。静的情報と動的情報のどちらが既存の枠組みを壊し、新しい枠組みがうまれやすいかは明らかである。言うまでもそれは動的情報の方である。

 動的情報という考え方に経てば、重要なことは、情報を隠すことではなくて進んで人に開示すること、そしてその情報について意見をもらったり、その情報に付随する別の情報を受け取ったり、次にそれらの意見や情報に対してこちらの考えを示してというように循環のプロセスを作り出すことである。こういったやりとりの中で、情報に意味がつけられ、新しい価値が生まれ、そこから新しいビジネスモデルが生まれてくる。

(177ページ~178ページ)

要は、新しい情報やノウハウが手に入ったとき、
それを隠すのではなく進んで開示しましょう、ということだ。

実はこれ、簡単そうに見えて意外と難しい。たとえば人が言ってないことを自分が
言うときに反応が怖くなったり、虎の子の情報はもったいぶりたくなったりする。

しかし、人が「なるほど~」と思うような情報を進んで
出せるから、重宝されて仕事が入ってくるわけだ。

自分はまだまだ人に話を聞いてまわることが多いから動的情報は少ないが、
3年以内くらいにこの宮田さんみたいな堂々たるスタンスが取れるようになりたい。

もっとも、「人に話を聞く」ノウハウならそこそこたまってきたような気がする。

勉強会を続けつつ、「介護職の方に喜んで場に参加してもらう10の法」
とかが事例とセットで言えるようになったら、かなり良いと思う。
うまくいっている事例を相当数取材すると、ちゃんとためになる知見が蓄積されるようだ。本書は前半と後半にわかれており、前半にはアサザ基金やJaeeなど名の知れたNPOの情報をまとめたカタログ、後半にはその情報をもとにNPOの成功法則が書かれている。そして、この成功法則がなかなかよくできている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。