スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高島平が変われば日本が変わる。日本が変われば世界が変わる。



1970年代から住民の入居が始まり、2万人以上が住むと言われる高島平団地。
現在この団地では、人口減少と高齢化の問題が深刻だ。そんな高島平に、
地域再生に取り組む若き社会起業家がいる。

今年大東文化大学を卒業し、現在同大学の環境創造学部事務室に勤める
井上 温子さんだ。彼女は高島平を住宅都市の未来の縮図と捉え、活動している。

なぜ高島平は住宅都市の未来の縮図だと言えるのか?それは、高島平が
日本の集合住宅の中で、早期に入居開始が始まったからだ。したがって高島平では、
他の団地よりも先に人口減少や高齢化が進行する。すなわち高島平は他の地域の
未来を映す鏡なのだ。


高島平において、現在表面化している問題は、学校の統廃合、住民の高齢化など
山積みだ。しかし私は、井上さんの活躍には大いに期待できると考えている。

理由は二つある。

一つめの理由は、井上さんが、自らが手がける地域を「高島平」に絞っているからだ。
大学生など若い方で地域に興味のある方にありがちなのは、「どの地域か
わからないけど、とにかく地域のことをやりたい」というパターン。「とにかくやりたい」
というのは、仕事をする際の最初の動機としては大いに歓迎だ。しかし、興味が
広いままでは、具体的な問題の解決には至らない。なぜならば、総論を
勉強している限り、それぞれの地域が抱える本当の問題は分からないからだ。

その点、井上さんは地域を絞っている分、問題にアプローチをしやすい。

高島平に住む高齢者は何を望んでいるのか?
高島平に住む大学生は何を望んでいるか?
高島平に移り住んでくる人は年間何人いるか?
彼らは何を求めて高島平にやって来るのか?

地域を絞ったおかげで問いを立てやすくなっている。

「問いが立つ」ということは、問題解決の第一歩だ。きちんと問いを立てて、
その答えを探っていくことで、高島平の問題は少しずつ解決していける
のではないか、と考える。


井上さんの活躍が期待できると予想する二つめの理由は、彼女が大きなビジョンを
持っているからだ。この記事のタイトル「高島平が変われば日本が変わる。
日本が変われば世界が変わる」は、彼女がいつも声を大きくして語っている言葉だ。
彼女が大きなビジョンを語ることで、彼女のまわりには続々と応援者が
集まってきている。たとえば彼女の応援者の中には、盲ろう者の就労支援で有名な
手がたりの田辺大さんが居る。

もし彼女の関心が高島平だけにとどまっていたら、彼女は周囲の応援を得ることが
できなかっただろう。人は、自分と関心の無いものには興味を示さないからだ。
言ってしまえば、たいていの日本人にとって、高島平の動向など関係がない。
しかし、彼女は常に私たちに、私たちと高島平の関係を示そうとしている。彼女は
私たちにこう、投げかける。「高島平の未来と、私たちの未来はリンク
しているのだ。」と。このような情報発信の仕方をすることで、彼女は人々を
巻き込んでいるのではないか、と考える。


高島平が抱える問題の真因を究明すること。高島平が変わって具体的に日本の何が
変わるかを明確に示せるようになること。この二点が、現在の彼女自身の課題だと考える。
なぜならば、今、何が高島平を理想的でない状況にしているのかがわからない限り、
問題に対応しようがないからだ。また、高島平が変わることで、日本が具体的にどう
変わるのかが明示されない限り、彼女は継続的な社会的応援を得ることはできない。
もし彼女がこの二つを明確にすることができれば、彼女は地域再生のプロとして
ハイスピードでキャリアを駆け上がっていくだろう。

今後の彼女の活躍に期待をしたい。


ご参考までに 高島平再生プロジェクト
          井上温子さんのブログ
スポンサーサイト

【リリムジカ】第二回ワークショップのご報告

081018-test05  081018-test07

先週土曜日の午後、リリムジカにて、自分の現在と理想を20種類以上の
楽器を使って表現するワークショップ
を実施しました。

実施は13時~16時の回と16時~19時の回の、合計2回。

ワークショップの手順は以下のとおり。

1.まず自分の現状を振り返って3つのキーワードを抽出する。
2.そのキーワードをもとに、自分の現状を楽器を自由に使って表現する。
3.参加者同士でお互いにコメントをし合う。
4.自分の理想についても上記1~3を行う。

今回のワークショップでは、合計21種類の楽器を使いました。

実施からほぼ一週間たって、考察が進んだので、
今日はそのレポートをお送りします。


「開かれた空間が開かれた関係をつくりだす」


1回目のワークショップに集まったのは、
学生2名、社会人2名。

先週のテストでは、オフィスの会議室を使いましたが、
この回はオフィス近くの公園で、ワークを行いました。

なぜ公園かと言うと、参加者にリラックスした環境を提供すれば、
表現がよりスムーズになるのではないかと考えたからです。

「豊かな緑に囲まれた公園ならば、日常から離れることができ、
物事をより考えやすくなる」という仮説です。

参加者には、まずオフィスに集まっていただき、
そこから公園に移動して、ワークを実施しました。


さて、「表現をよりスムーズにしたい」というねらいはどうだったか。

これは、おおむね成功しました。

というのも、会議室での実施時に比べて多彩な表現が生まれ、他者の表現に対するコメントも
参加者それぞれが自分の言葉で語れていたように感じられたからです。

実際、下記の写真のように様々な表現が
参加者の手によって引き出されました。

081018-test01.jpg

↑地面に並んでいるのは、タマゴ形のマラカス。自分の理想を楽器を並べて表現しました。


081018-test02

↑表現をしているのは黒いベストを着た女性。自分の理想を
 「みんなに楽器を渡す」という表現に込めました。


このように表現がスムーズになった最大の原因としては
「空間が開放されていたこと」が挙げられます。

空間が広がっていたからこそ、表現者は歩いてみたり、ものを並べてみたり、
自由な発想を表現に込めることができたと考えられます。

また、表現の自由度が高まった結果、初対面の
参加者同士の関係も深まったようでした。

実際、終了後に頂戴したコメントには、そのような記述が
書かれています。


↓下記は1回目のワークショップに参加してくださった方の声。(原文そのまま)

 ・他の方の考えや思いが分かる、見える点が面白いな~と思いました(23歳 学生)

 ・無意識的な部分が共有できたということもあってか、初対面の彼女ら
  といきなり深く仲良くなれたような感じもしました。(24歳 学生)


また、1回目のワークショップに参加してくださった
入谷さんが自身のブログにてこのようなレビューを書いてくださりました。

「他の参加者の表現からインスピレーションを得て、表現の幅が
 ぐんと広がったり、お互い感じたことを共有する中で、
 意図しなかった解釈に気がついて、心の奥にあるものが
 無意識に表現にしみ出ていることにはっとしたりします。」


このようにして、1回目のワークショップは概ね満足のいくものとなりました。



「密閉された空間においては、心も閉ざされる?」


さて2回目のワークショップは、1回目と打って変わって
リリムジカがいつも使っているオフィスで行いました。

参加者は学生3名、社会人3名。

わたしたちのオフィスは、だいたい6名が入ると
ほぼ満員になる広さです。

なので、参加者6名に加えてさらにスタッフ3名が入ると、
かなり密度の高い空間になります。

081018-test03


2回目の会場をオフィスにした意図は、密度が高い空間で人はより親密になり、
自己開示がしやくなるではないか、という仮説があったからです。

この仮説は、以前見た映画のことを思い出して、立てました。

その映画では、エレベーターに閉じ込められた人が、時間を追う毎に
親密になり、一人ひとりが自分自身の内面を話していました。


密閉された空間で、参加者がどのような人間関係をつくり
どのような表現を行ういくのか。

そのことに期待をしながら、ワークを行いました。


しかし実際にワークを行ってみると、この仮説は覆されました。
参加者同士の親密さは、意図したほど高まらなかったのです。

このことは、2回目に参加してくださった方の声に、1回目と異なり
親密さの向上を表す表現がみられなかったことに現れています。

このように親密さが高まらなかった最大の理由は、
やはり空間が“密”過ぎたことが挙げられます。

人数に対して明らかに空間が狭かったことにより、
下記のような問題が生まれました。

・表現する際のスペースに制限があった。
・たくさんの楽器を持って移動するのが困難で
 それがストレスになった。
・席の配置が円形でなく映画館形になり、
 表現をする方に心理的なプレッシャーがかかった

081018-test04


結果的に、参加者の集中力を十分に高められる
空間づくりができなかったと言えます。

この意味で2回目のワークは、大まかに言えば失敗でした。

この反省を活かして、次回は今回以上に「自己開示を
促進する空間づくり」に努めたいと思います。


まとめ


今回のテストでは、あらためて、表現するということが
人の成長や気づきに作用することがわかりました。

一方で、閉ざされた空間よりは広い空間のほうが、
自己開示を促進する、ということもわかりました。

ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!

弊社では今後も継続してワークショップを
行おうと考えております。

どうぞ、お楽しみに!

 081018-test08  081018-test06

リリムジカ初! 音楽ワークショップのレポート

先週日曜日に、リリムジカ初のおとな向け
音楽ワークショップを実施しました。

今日はその様子について、レポートします。


行ったワークショップのテーマは、
自分の仕事を振り返る。理想の仕事を考える。


ご参加くださった方には、自分の仕事の現状と理想を
それぞれ楽器を使って表現していただきました。

081012-test01

↑自分の仕事の現状をドラム等の楽器で表現している様子。

081012-test02

↑宙を舞っているのはタマゴ型のマラカス。表現しようとしているのは・・・?


表現をし終わった後は、他の参加者から
フィードバックをもらいます。

081012-test04

↑フィードバックは人によってさまざま。楽器の選び方について言及する
  人もいれば、ならし方に言及する人も。「自分が気づいていなかった
  ことまでフィードバックをされてゾクッとした
」という声もありました。



表現を終了した後には一人ひとり、現状と理想、理想に至るための行動を
書いた「現状理想シート」を記入。

081012-test03

↑写真は柴田と管のもの。初回ということで、我々二人も
  ワークショップを実際に体験しました!下に貼ってある
  色紙は、他の参加者からのメッセージ。




終了後のアンケートでは、こんな声をいただきました!


・自分の視点だけで気がつけないことをたくさんフィードバックしてもらえて
 とても良い経験になりました。(医業経営コンサルタント)

・自分の考えていることは、言語化しきれていなくても、
 音に出てくる
ものだな、と感じました。(教員)

・自分の心の内を見透かされたようでちょっと恥ずかしいと思いつつ、
 いろいろな気づきが得られました。(行政書士)

同じ楽器でも人によって色々な使い方があることがわかり、
 面白かった。(ITベンチャー会社員)


ついでに僕の感想も少しだけ。

一言で言うと、めちゃくちゃ面白い!です。

参加者みなさんの楽器の使い方は、ただただ独創的。
マラカスでお手玉をしてみたり、楽器を組み合わせて眺めてみたり。

「うわぁ、こんな風に表現するのか~」

といった感じで、見ているだけでも面白い。

ちなみに僕は、慌しい現状を表現したくてドラムをボンボン叩いたところ、
「野生的で力強いけど、大丈夫・・・?」なんて言われてしまいました(汗)
 


ご参加くださったみなさま、アンケートに記入まで丁寧に
してくださり本当にありがとうございました!

8月から10月まで皆勤賞で参加してくださった森先生
いつもながらありがとうございました!!



さて、今回行ったワークショップは、(急ですが)
明日10月18日(土)も行います!

時間は下記のとおり。

(1)13時~15時
(2)16時~18時

10月17日(金)11時現在、(1)は4名、
(2)は3名の方がご参加くださる予定です。

参加してみたい!という方は、下記フォーマットにご記入の上、
管(itatsu.kan@lirymusica.co.jp)までお気軽にメールくださいませ。


 -------- ワークショップ お申し込み フォーマット ---------

 ・ご氏名     :

 ・ご連絡先    
   PCメール   :
   携帯電話番号 :

 ・ご参加される日程

   (1)10月18日(土) 13:00~15:00
   (2)10月18日(土) 16:00~18:00

         ※ 参加される日程のみ、残してください。


 ・その他(遅刻・早退のある場合はその旨をお書きください)

 -----------------------------------------------------------

 ※メールの件名
  「リラムジカ テストサービス申し込み」

 ※お問い合わせ
  itatsu.kan@lirymusica.co.jpまでお願いします。


【実施概要】----------------------------------------------

 ◆実施場所

   リリムジカ荻窪オフィス
   http://www.lirymusica.co.jp/about/access.htm

 ◆参加費  無料

   みなさまのフィードバックをいただきながらサービスの
   向上を図るモニターテストも兼ねていますので、無料です。

 ◆持ち物

   筆記用具
   少しだけ前向きな気持ち☆
-----------------------------------------------------------


皆様からのご連絡、心よりお待ちしております!

「きっとそうなんだ」という方向に流されているにすぎない

大学出てすぐに起業していたりすると、「リスクとか
考えないんですか?」って聞かれたりする。

今までは、この手の質問に対して、こう答えていた。

「なさねばならぬことがあるから」とか、「リスクを
とらないことがより大きなリスクを生むから」とか。


けど、今日犬の散歩をしながらふわふわ考えていたら、
案外そうでもないような気がしてきた。


もちろん、自分なりの正義感があって、
がむしゃらに働いてはいる。

けど、そうしているのは「確固たる自分が
あるから」ではないかもしれない。

むしろ、ただ生きていて、自分を動かすもの
に出会って、ただ動いている。いや、動かされている。


人生は、自分の思うほど自由にはできていない。

まわりが指し示す方向性に素直に従うことで、
良い結果が生まれていく。

僕がすべきことは、無理してクリエイティブになって
新しいものを生み出していくことではない。

社会を、人を、よく観察して、感じたままに
動くことなんだろう。


自分の行きたい方向にばっかり行きたがる犬に
ひっぱられながら、そう思った。

ついに、企業内でのプログラム提供が始動!

僕らの、去年の9月からの念願が、いよいよ叶います。

リリムジカのおとな向けプログラムを、ついに、
企業内で実施させていただけることになったのです。

しかも、全4回!


今日は先方の人事部の方と、具体的なプログラム内容や
実施場所などについて、打ち合わせをしました。

おそらく10月末に、第1回のプログラムが
実施されることでしょう。

企業様をご紹介してくださった、リリムジカの父こと
杉浦さんには、感謝感激雨あられ。


今回はテストとしての企業様での実施ですが、
絶対に、感動を呼ぶプログラムにします。


気合十分です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。