スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の介護施設訪問予定&HTMLが・・・

今週もガシガシ施設を訪問。内容は主に、座談会の相談。
あと、ちょっとだけその宣伝もしてみる予定。

 3月30日 町田市デイサービス 管理者さま
 3月31日 新宿区デイサービス 作業療法士さま
 4月1日  杉並区デイサービス(方南町) 見学
 4月2日  町田市特別養護老人ホーム 部長さま
 4月4日  杉並区デイサービス(阿佐ヶ谷) 施設長さま

訪問時には、毎回必ず議事録を取っているのが、これはかなり良い。
ワードで最低1時間はかかる作業だが、以下二つのメリットがある。

 ・書き起こすことが復習になって、内容が頭に定着する
 ・資料をつくるときに「生の声」として自信を持って書ける

現時点で35本の議事録があるわけだが、実はかなり
価値のあるデータなのではないかと思っている。


さて、全く関係ない話だが、先日ブログのHTMLを編集していたら、
いつの間にかページ上部に謎の空間が出るようになった。
(最上部と空の写真との間)

5分くらいコードとにらめっこしたものの原因がみつからなかったので、
放置することにした。(まさに紺屋の白袴!)

ヒマ且つHTMLやスタイルシートがわかる人がいたら、
教えていただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
今週もガシガシ施設を訪問。内容は主に、座談会の相談。あと、ちょっとだけその宣伝もしてみる予定。

まず、座談会の日程を決めた

ここ数ヶ月、ずーっと介護に関わる人のお話を聞いてきた。その中で、現場の人、
管理の人、それぞれが自分なりの考えを持って働いていることがわかってきた。

気兼ねなく人に話したいことがある、あるいは人に聞きたいことがあるけれども、
なかなかそれを実現する場がない、ということもわかってきた。

というわけで、デイサービスで前向きに仕事に取り組む人たちを
10人くらい集めて、わいわい意見を言い合う場をつくることにした。

日程は、4月26日(日)の11時~13時。
場所は、今のところ荻窪オフィス内の会議室を予定。
定員は9人。お茶代500円。
テーマは、レクとかアクティビティとかそのあたりのこと。


デイの現場には、結構な割合で主婦スタッフさんがいる。
休みの日に友達とわいわいお茶する気分でやれたらと思う。

イケメン若手介護士さんも、来てくれたらいいなぁ。

基本スタンスは前向きに楽しくだけど、内容はかなり本気。
4月1日の夜にはエンパブリックの広石さんにご指導いただく。

参加してくださった人たちが、次の日デイに仕事に行くのが
楽しみで仕方がなくなるような会になればいい。
ここ数ヶ月、ずーっと介護に関わる人のお話を聞いてきた。その中で、現場の人、管理の人、それぞれがなやみを持っていることがわかってきた。あるいは、人に話したいことがたくさんあるけれども、人から聞きたいことがあるけれども、それを実現する場がなかなかない、ということ。というわけで、前向きに介護に取り組もうとする人たちを10人くらい集めて、わいわい意見を言い合う場をつくることにした。

ご家族の声も聞けそうだ

「介護サービスを受けているご家族の声も知りたいな~」と念じていたら、
タイミング良く、母からデイサービスを利用している人の話を聞くことができた。

母から聞いた事例は二つだが、見事に評価が分かれていた。

「おばあちゃんがデイサービスに行きたがらなくて困っているの」
「うちのおばあちゃんはいつも楽しみにしているみたい」

二人とも母の友人で、そのうち一人を紹介してもらえることになった。

【 追記 】

下記は、「デイサービス 選び方」で検索したら出てきた口コミサイト。
家族視点の声がいろいろ載っていて役立つ。

▼ 「デイサービス」ってどうですか?!体験談や選び方・注意点など聞かせて下さい!
 http://www.kingdom.or.jp/nanchie/html/09/11_19.html

・96歳の義母が今月から行ってます。初めは行くことを嫌がっていたんですが散歩の途中で行っている人とお知り合いになれてその人から進められたら行く気になり行ってみたらうちに居るよりすごく楽しいと言っています。

・89歳の父です。最初は週一回それから週二回・・・今は月曜日から金曜日までお世話になっています。あまり趣味がないので、すごく助かってます。私は実家から遠いので、兄嫁が面倒を見てくれていますが、本当に感謝しています。趣味が少ない方には良いと思います。

・義母は日中ディサービスに行ってくれる時は気が楽です。入浴もあり、お昼も食べて、楽しんでいるようですが、ゲームはくだらないから嫌だと言っています。でも行ってもらわないとこっちが大変ですからね。

・祖父が2箇所通っています。サービス中に失禁することがあります。1箇所ははじめに失敗してからは持たせている尿取りパッドをほとんど消費しない状態です。もう1箇所は、頻繁に、持たせているズボンでは足りず借りてきたりしています。本人が失禁しなければ一番いいのですが、失禁してしまうのだから、もう少し頻繁にトイレに連れて行ってくれればいいのに、と時々思います。

「介護サービスを受けているご家族の声も知りたいな~」と念じていたら、タイミング良く、デイサービスを利用している母の友人の話を聞くことができた。

見えてきた事実の相関

090327-01.jpg今日は柴田と、1月から行ってきたヒアリング
の内容をまとめた。

議事録を全部印刷して「これは!」と思う
ポイントを書き出す。その後、関連のあり
そうなものを結びつける、という手順。

たとえば高齢者デイサービスに関する声を
つなげていくと以下のようになる。

人手が足りず食事・入浴・排泄で手一杯
(介護職)

日中活動の充実に割く時間がない
(介護職)

活動をその場その場で考えるようになる
(管理者)

利用者さんを待たせる時間が長くなる
(事業所社長)

施設の評判が下がる
(同上)

稼働率が下がる
(管理者)

事業所の収益が下がる
(介護職)

人件費を割けなくなる
(介護職)

ますます人手が足りなくなる
(介護職)


Bad Cycleの字が小学生みたいなのは、ご愛嬌ということで。
今日は柴田と、1月から行ってきたヒアリングの内容をまとめた。議事録を全部印刷して、「これは!」と思うポイントを書き出す。その後、関連のありそうなものを結びつける、という手順。

「ご家族が何を望んでいるか」も聞いていきたい

高齢者施設に音楽療法士が行く場合、大抵そのフィーは施設が支払う。
しかし、中には家族が音楽療法士にフィーを払っているケースもある。

となると、利用者のご家族が何を望んでいるかも、知りたくなってくる。

なぜならば、家族のニーズに応えるサービスを提供することで、
音楽療法士の新たな収入の道が開かれる可能性があるからだ。
(その音楽療法が本人の幸せに寄与することは大前提)

実際、介護殺人の撲滅に取り組む川内さんの話では、高齢者の自宅を
直接訪問してセッションをする音楽療法士がいるとのこと。

ここ2ヶ月くらい、ずっと施設の方にお話を聞いてきたが、
これからはご家族の声も聞いていきたいと思っている。


さて、今日は近くの地域包括支援センターを訪問してきた。

地域包括支援センターとは、介護保健のサービスを利用したい人や
その家族が、相談に行くところ。要介護認定も行っている。

当初、杉並区の施設一覧を取りに行くつもりが、
たまたま職員さんとお話をすることができた。

「デイサービスでの活動について考える座談会を開きたい」とを話したら、
チラシの設置を許可していただけた。(まだチラシ自体はできてないけど)

「そういう場があると、私たちも助かります」と話してくださった。
施設に音楽療法士が行く場合、大抵そのフィーは施設が支払う。しかし、中には家族が音楽療法士にフィーを払っているケースもある。となると、利用者のご家族が何を望んでいるかも、知るべきだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。