スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【学生の方へ】12月5日、思い立って動いてみては?

ETIC.の伊藤淳司さんよりイベントの情報をいただいたので、こちらに掲載する。

私がこのイベントに参加したのは2005年の12月17日(土)。

19歳のときだ。

その日のうちに、インターンシップをする決意をして、
同月27日に伊藤淳司さんと面接をした。

破壊力の強いイベントだ。

★ETIC.インターンシップ・フェア 2010 SPRING 12月5日(土)開催★

   ─ 来年は、本気で社会を変える挑戦を始めよう。 ─
  
  既存の企業も、政府も解決の糸口の見えない、矛盾に満ちた、
  山積する社会の課題を前に、私たちは、何ができるでしょうか?

  答えはすぐ見つからないかもしれませんが、
  自分なりの力強い「一歩」を踏み出すことはできます。

  「リスクを取って未来を切り拓くベンチャー起業家・社会起業家
   のもとで、自ら責任を持って動き、限界を超え、
   課題解決にチャレンジする半年間。」

  これが、ETIC.が提案するインターンシップのカタチです。

  12月5日に開催するETIC.インターンシップフェアは、
  志とビジョンを持ち、インターン生を「パートナー」として、
  共に、未来を切り拓いていきたいと考える
  20人近いベンチャー・NPO経営者が一同に集結します。

  この1日が、皆さんの人生と未来が、大きく変わっていく、
  最初の一歩になることを信じています。

・日 時 :2009年12月5日(土)12:30-19:20  *開場・受付開始 12:00
・会 場 :日本財団(港区赤坂1-2-2)  *溜池山王駅9番出口 徒歩10分
 http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
・参加費:1,000円 (資料代含む)
・定 員 :100名 (事前登録制)
・対象:ベンチャー企業・NPOでの長期実践型インターンシップに関心があり、
ETIC.の事前セミナーに参加可能な方

下記ウェブサイトからお申し込みください。
 http://www.etic.jp/fair/entry.html

スポンサーサイト

新聞記事掲載後の反応

先のブログをご覧になって、山田常之さんからメールにて応答をいただいた。
「稼ぐ」とは何か、記者の方の考えについて洞察が深いのでこちらでご紹介をする。

管 偉辰さん、皆さん、おはようございます。

【稼げる】これはプロであるとの認識。

石川 遼・・17才でゴルフ。アマとは世界が違う。
介護の世界 ボランティアとプロとの明確な違いは何か。
画然としたSOMETHINGが今のところない。
石川がゴルフで示したように若手に介護の世界で示して欲しいとの
願望から記者が綴ったのであろう。
自らの生計が立たなければプロとは云えまい。

僕は商社時代に【お賽銭の術】という発想を築いた。
稼ぐ・・・農業の米作りに励むこと→収入を得る。

商社で考えたのは商社抜きでも商売は出来る。
何が付加価値は、、僕は自分の個だと捉えた。
会社組織のバックは無論であるが、、商事でも特に山田さんと
仕事がしたい、、来て欲しい、、と。

介護に関わる仕事をする人にプライドをもってほしい。
記者さんの願いが「稼ぐ」の一言にこめられていた。

きっとこの解釈はあたっていると思う。
記事を書いた記者さんと、取材に際してメールの遣り取りがあった。

音楽療法というユニークな活動をされている柴田さんの活動に大変関心があります。このようなソフトパワーが、介護業界に新風を吹き込んでいるのではないかと思うのです。(記者さんから頂戴したメール)

日本経済新聞 2009年11月21日(土) 朝刊

091121_s.jpg

音楽の力は大きい
プロの音楽療法士としてグループホームを訪問する柴田萌さん(24)。プログラムにはなじみのある季節の歌や、演奏しやすい打楽器を採り入れる。部屋にこもりがちだったお年寄りも音楽の力で輪の中に入るようになった。「今では結婚相手まで紹介されそう」と笑顔で話す。(29面より)

弊社柴田の写真が載った。

「稼げる介護 目指します」

最初、ドキッとした。「稼げる介護」。
私たちは「稼ぐ」ことを目指しているのではない、、そう思った。

しかし、改めて「稼ぐ」という言葉の意味を、考えることにした。

「稼ぐ」とは何か?

相手が望むことを真摯に汲み取って提供し、
その対価をいただくことではないだろうか。
  
すると「稼げる」ということは、自己満足や押し付けではなく
相手のための働きができるということだ。

もしかすると「稼ぐ」という言葉の意味は
そんなに悪いものではないのかもしれない・・・


老人ホームやデイサービスにはときどきボランティアが
やってきて楽しみを提供する。場を盛り上げて、フロアを
笑顔で満たしてくれるボランティアはとても貴重な存在だ。

しかし、必ずしもすべてのボランティアがおとしよりを満足させ
施設職員の助けになっているとは限らない。高尚すぎてわからない
音楽や演舞。お高くとまって場つなぎを職員に任せきりの人。

「大正琴だと思って招いたら、ひたすら自作の歌を聞かされたんだ」
あるデイサービスの職員さんが苦笑いで語った。

一方ボランティア側も、施設があるいはお年寄りが何を求めているか、
知りあぐねている。上手い施設ではボランティア担当や
ボランティアコーディネータの役職をつくり、ボランティアに指示をする。

しかし、その場のスケジュールしのぎで呼ばれたボランティアは
短い打ち合わせの時間でニーズをつかみ場をつくるしかない。

その場にどのようなバックグラウンドを持った人たちがいるのかもわからない。
それでは押し付けの内容になってしまうのも無理はない。

つまらない思いをするのは、施設の利用者だ。


ただ、施設もボランティアも悪くはない。仕組みに問題がある。

役割を与えられて施設を訪問する人は、その役割を、責任を全うする。
一方、施設はあるいは利用者は、お金でも学びでもいい。対価を出す。
明確な価値の交換が、適切な緊張感を生む。


安定して保険料が入るから稼げるのではない。
人件費が安いから稼げるではない。

相手の望みや願いを一生懸命汲み取り、それにこたえていく。
喜んでもらえて、お金だけでなく笑顔、学び、たくさんのものが返ってくる。

それが、「稼げる」ということの本当の意味だ。
「稼げる介護」は私たちの仕事と矛盾しない。

口まわりの健康をどうやって保つかについて勉強している

10月29日に口腔ケア(ひらたく言うと口まわりの健康を保つこと)の
講座を受けた。これを機に、口腔ケアのことを勉強している。

そもそもなぜ口腔ケアが必要か。高齢者の方の死因の第4位は肺炎。
数字では脳梗塞を含む「脳血管疾患」(死因第3位)に迫る。

で、肺炎の原因の8~9割は誤って飲み込んだ食べ物や菌が、
食道ではなく気管に入ってしまうことだと言われている。

すなわち飲み込む働きや、むせる働きを保つことは、
健康を維持するために重要なことなのだ。

29日の講座では、ごく簡単な口腔機能のチェック方法として、
30秒間に何回つばを飲み込めるか、というのがあった。

健康状態や時間帯にもよるが、3回を下回ると機能低下の
疑いがある。私は5回。ちなみに講座の帰りに一緒になった
地元のおじいさん(70歳)は7回だった!あはは。

昨日は29日の講師だった本間敏道先生(著書←とてもわかりやすい!)が
リリムジカに来てくださり、柴田、口腔ケア用品を扱うアイエスケーの小林彩香さん、
私の3名で、介護の現場における口腔ケアの課題について伺った。

たとえば施設に住んでいる場合と家に住んでいる場合では差がある。
施設の場合は口腔ケア研修の浸透により職員のレベルが上がり、
内容が充実してきている傾向がある。一方在宅の場合は訪問する
ヘルパーの力量に左右される。そのヘルパーが昔からやってきた
やり方でやり続けている場合には、注意が必要とのこと。

ほかにも、施設に訪問診療する歯科医にもいろいろある。
現在多くの施設に歯科医が訪問している。しかしその歯科医が
口の中の清掃だけでなく口まわりリハビリを行うことができるか。
これはなかなか少ないそうだ。

口腔ケアの重要性は、つばが全く出なくなったときのこと、咳き込む
ことができなくたったときのことを想像すると、よく理解できる。

実際、本間先生が訪問して口腔ケアを行っている施設からは
笑顔が増えた、食事の量が増えたという報告も来ているという。

口腔ケアの世界には「口腔ケアの歌」もあるそうで、
音楽となんらかの連携があるかも!と思ったりしている。
 

「いいかげんがいい」を少しずつ読んでいる

11月29日(日)に杉並区のもび~るさんが主催する鎌田實先生の講演を聞きに行く。

その予習として、先生の書かれた書籍を数冊購入した。
最初に届いたのがこの「いいかげんがいい」だった。

●スイスのマッターホルンで1人旅をする75歳の方のくだり。
 がんで肝臓の3分の2を摘出している。

外国でのスキーを毎年続けている。お金持ちかと思った。
「ケチケチ旅行でね。レストランで夕食をとらないようにしています。スーパーで地元の手ごろなワインと食べ物を買ってきて、部屋で食べる。年金生活です。」
ますますこの男が好きになった、いいなぁ。

先日高齢者向けのウォーキングイベントに参加したとき、
とても肌つやのよい女性がいた。声をかけると70歳!
くしゅっとしたニット帽子をおしゃれにかぶりこなしている。

「この歳になると雑念がないから、、子どもとか、夫とか、
みんながどう思うかなんて、あまり気にしないの。
iPodに好きな音楽や英語を入れて、一人でいろんな山に登りに行っているわ。」

生涯現役を標榜する人の話を聞くと、元気が出る。同じと思う。

●ずっと旅役者をしていた笑顔あふれる75歳の女性のくだり。脳卒中で左片麻痺。
 デイケアが楽しい。折り紙、切り絵、すべてが勉強になると言う。

ふうん、と僕は思った。調子のいいこと言ってるな。
折り紙がそんなに楽しいわけがないと思った。
あるとき、彼女に聞いてみた。
「なんでそんなに折り紙が楽しいの」
思いがけない答えが返ってきた。
「字を書くことも、絵を描くことも、してこなかったんです。先生、私ね、
小学校に行ったことがないんです」
(中略)
「学校には行かせてもらえませんでした。字は読めるんだけど、書けません。今、デイケアで教わることはなんでも、私にとってはうれしい勉強なんです。」
(中略)
字を書けなかった女性のニコニコ顔と向かい合いながら、僕は思った。幼いときに恵まれなかったことで、この人の目には、同じデイケアが輝く時間に感じられている。いいなぁ・・・・・・・こういう気持ちを持っている人って。

真剣に、やることだと思う。小さなころは私も一生懸命、鶴を折った。楽しかった。
自分はこんなことをしているはずの人間ではない、という考えだと損をする。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。