「正しさ」で攻めようとしていないか

170225_01.jpg

何かをしようとするとき、だれかを説得しようとするとき、
私たちは「正しさ」からそれを語ろうとしていないだろうか。

「正しければ、それでわかってもらえる」と思っていないだろうか。

2月18日、コミュニティデザイナーの山崎亮さんの話を伺ってきました。
山崎氏はもともと建築がご専門。
阪神大震災のころに、親を亡くした子どもを、子どもを亡くした親が慰めているのを見たそうです。
こんな状態を災害のとき以外にもつくれないかという意識が
コミュニティデザインに取り組む根底にあります。

お話はJTと厚生労働省の戦略の違いふくめ、とても示唆に富む内容でした。
私なりに印象に残った点をメモします。

◎戦後から1960年代くらいまで、税収が間に合っていなかった。
ゆえに地域のことは自分たちでやった。たとえば道普請(みちぶしん)(参考ブログ)。
1960年代以降税収がふえて、行政ができる領域が増えた。
最初は感謝していたけど、無駄も感じるようになった。これが1970年代。
1980年代には余ったお金の使い方を住民たちで考えるように。「まちづくり」の始まり。
2000年代からは余った税金がなくなってきた。
2010年代から、もう一度住民が自分たちで地域のことを担う時代。

◎なぜいまコミュニティデザインか。理由のひとつに、国や行政にお金がないということがある。

◎行政の「すぐやる課」。むしろ「あなたと一緒にすぐやる課」がよいのでは?

◎ワークショップをやるときに、まだ要望、陳情感覚の人がいる。今すべきは提案実行型ではないか。

◎仕事をして、コミュニティデザインの教科書はないと思っていた。
OJTしかないと思っていた。
しかし、社会福祉の教科書をみたら考え方が見事にまとまっていた。

◎ヒアリングをするとき、会議室にきてもらうのではなく、相手のところにいく。相手に主になってもらう。

◎地域に入るとき地域の人脈がどうなっているのかを理解する。
誰に力があるのか。誰と誰を同じテーブルにしてはいけないのか。

◎いきなり攻撃しようとしてくる人もいる。
集まったときに、キーパーソンに大きな声で挨拶。
自分自身の、その地域におけるつながりを見せる。

◎正しさだけでは人は動かない。楽しさ、美しさが必要。

◎コミュニティ、エンパワーメント、オーガニゼーション。
コンセプトはみな「正しい」。ただ、それだけでは動かない。

◎行動経済学によると、人は2つのシステムで物事を判断する。
システム1、システム2。システム1は感性。システム2は理性。
システム1の判断は短い。またリテラシーを要しない。
システム2の判断には時間がかかる。またリテラシーを要する。
※システム1とシステム2についてはこちらのブログの対比もわかりやすいです。

◎タバコに関して、JTの戦略はシステム1。
良いかどうかは別として「おしゃれ」に訴えかける。
一方厚労省はシステム2から攻める。
癌になる確率とか。それは、厚労省は勝てない。

◎医療福祉のキャンペーンはシステム2に訴えがち。
一般人が「介護保険がパンクします」と言われてもピンと来ない。

◎ふるい公民館でママイベントに参加している自分の写真が
インターネットに載っていいと思えるか。
「私はここに居るべき人だ」と思えることが大事。

◎事例集めはスポーツだ!
まず、ネットを使って100の事例を集める。
そのうち10くらいはピンとくる事例がある。
10の事例についてまとめる。
10の中で特に気になったものについて本、雑誌で深堀してさらにまとめる。
「こりゃすごい。感動。かなわん。」と感じたものについて、手土産持って会いに行く。

◎事例をたくさん知っていると目利きになれる。
ワークショップで出た案のうち、何が伸びるものかがわかる。

◎漫然とKJ法をしても仕方がない。
スタッフに10倍の知識があるかどうか。

◎地域で何かをするときにいろんな声が飛んでくる。
大切なのは「わかる!」と言ってくれる仲間。叩かれても「でもやろう」と思える。

今回で11回めを迎えたPRESENTの企画運営も見事でした。
Join for Kaigoの秋本可愛さん(写真左)、運営の皆さん、ありがとうございました!

地域で暮らす認知症の方のオペラプログラムから学ぶ

170217.jpg

東京都健康長寿医療センターの伊東美緒先生、菅亜希子さんにおつなぎいただき、
スコットランドの介護・福祉の研究者ルイーズ マケイブ(Louise MacCabe)先生にお会いしました。

オペラ運営会社(以下オペラ会社)の取り組みの観察研究の話が興味深かったので内容をメモします。
(わたくし英語が得意ではないので、情報が一部誤っているかもしれません汗)

◎何を意図した取り組みか
・地域で暮らす認知症の方が社会に出ること
・オペラはスコットランドでも日本と同じように、必ずしも身近なものではない
・オペラ会社にとっては、オペラを社会に広めると考える意図があった
・家族や知り合いを呼んで認知症の方がパフォーマンスをするのが良いのかわるいのかは、実は予測がつかなかった
・プロの人と一緒に何かをすることが認知症の方の自信になるのではという仮説もあった

◎構造は?
・対象者は地域に住んでいる方
・当初22名の認知症の方とその介護者22名、44組が参加
・やる人は募った。介護者がいない人にはボランティアがついた
・毎週全員が参加したわけではない
・最後の発表は27名。人によっては、選択の結果、参加しなかった人もいる
・期間は3~4か月。計12回程度の練習を実施
・オペラ会社のメインスタッフは5名~6名。歌手、演奏家、映像関係のスタッフ、デザイナーなど
・加えてボランティアスタッフが入った
・オペラは歌、ダンス、演技。様々なものの組み合わせだから効果があるのでは
・音楽とか舞台に合わせて服も用意する。
・インターネットで関係する動画も見れる。これは4クール目の動画。

◎財源は?
・詳しくは不明。ただ、募金が使われている
・スコットランドは慈善事業、チャリティが盛ん
・オペラ会社も出しているが、チャリティも活用している

◎練習はどんな感じか?
・毎回、いきなり練習ではなかった
・ランチをしたり、お話したり、ウォームアップしてから取り組む
・「愛」というテーマについて歌詞をつくったこともある
・オペラ会社の人は、はじめはメインのストーリーを用意したが、一緒につくっていくことになった
・いろんなピースをつないでいくことになった

◎配役は誰が決めた?
・最初はオペラ会社のスタッフが決めるつもりだった
・けど認知症の人たちに自分で決定したい気持ちがあった
・オペラのひとたちが全部決めるわけではなくなった
・オペラスタッフは認知症にくわしいわけではないのでやっていくなかで調整を加えていった

◎取り組みをどのようにどうやって評価した?
・インタビューによって評価した
・ただ、話すのが難しい方もいる。そういう場合には参加しながら観察する研究者がいる
・ビデオをみながら、笑っているか、コミュニケーションをとっているかの確認もした

◎どんな結果が得られたか?
・たとえば身体的な変化。アクティブになったし自信がついた
・介護する人も認知症の人もオペラが得意ではない。練習の中で対等になる。
・オペラっぽい表現ができるようにもなった
・参加者の中には特技がある方もいた
・ダンスが得意な人はそれを活かした
・普通のイベントだと忘れているけれども、このイベントは覚えていた
・なぜ覚えたか?おそらく音楽はただの記憶ではない。
・通常の出来事の記憶と音楽は違う。だから覚えていたのではないか。
・音楽と言葉と感情がからまっているので単に出来事を記憶するのとは違う
・オペラ会社人にも変化はあった
・最初、研修をした上でオペラ会社の人は進行したが、伝わらなかった
・なので改めてアルツハイマー協会の方に来て研修してもらって改善した

◎今後の課題は?
・3~4か月のプログラムが終わるとそこで切れてしまう
・研究や企業企画の取り組みは、期限が限られている(助成金)

◎管感想
結果の中で「認知症の方と介護者が対等になった」という点が印象に残りました。
ケアされる、ケアする日常の中で、両者の対等性に気づく機会は多くない。
「おんなじなんだ」と感じることで、双方相手に対して抱いていた思い込みが解消される。
リリムジカがつくる場においても、普段とちがう「素」が出るようにしていきたいです。

「分断」とどう向き合うべきか

170211.jpg


「普段行かないようなところに行ってみたい」と思っていたところ
友人(渡部清花さん)がトランプ政権後の社会についてのイベント
関わっていたので出かけてきました。

登壇者はリディラバの安部敏樹さん、ハフィントンポストの竹下隆一郎さん、エウレカの西川順さん

いろんなところに話題が飛んだが、印象的だったのは、「分断」との向き合い方。
登壇の三者それぞれ、分断とのどうかかわるべきか、持論を持っていた。
にもかかわらず、実際の行動においては同じことをしていた。

まずそれぞれの持論についてまとめてみる。
(ざっくりなので本人たちの意図を正確には反映していない可能性大)

阿部さんは「本当はリベラルがいいけど、分断するのが人間の本質」。
竹下さんは「分断があるのは確か。無理にいじらなくても良いのでは」。
西川さんは「ビジネスにおいては分断に良いも悪いもない。分断があるならそれに対してどう行動するか。」

では、行動はどうか。三人が三人とも、分断先をまさぐっていた。
自分と違う層であることを理解したうえで、無視せず、むしろ突撃。

阿部さんはアパグループ代表に突撃してワインをごちそうになって喧嘩。マイルドヤンキーのツイッターをフォロー。
竹下さんは歴代彼女の地元の友人に積極的にアプローチ。彼女との縁がおわっても友人とは続いている。
西川さんは韓国でサービス展開をするために友人に「違う層の友人を連れてきて」と頼んで飲み会実施。

コンフォートゾーンを出ようという主張は共通していた。
生きるためにどうすべきか、結論は出ていた。
自分と違う層に突っ込む。それが自分の差別化になる。

では、分断に関する持論と仕事における実際の行動の違いをどう理解しているか。
西川さんは持論と行動の背景がビジネスで一貫していたけれども、ビジネスを除いた場合にどうなるのか。
それを聞いてみたかったけれども、今日は時間切れでした。

ちなみに私自身は、日ごろ分断先をまさぐる行動があまり取れていないことを反省。
介護業界は昔は無縁だったけれども、今はもう中の人になってしまった。

事業家レベルを上げていくために、今後も場違いなところに出かけ続けようと思う。

本日2月1日から、第10期!

080619 コミュニティオフィス入居

リリムジカは2008年4月1日設立。
2016年1月31日で9期を終えて、本日から10期に入りました。
写真は2008年6月、当時入っていた西武コミュニティオフィスの
入居時に撮ったものです。

若く見えるような気もしますが、あんまり変わっていないようにも見えます。
どうでしょう、、?

よく「初心忘れず」なんて言いますが、
大学卒業後に「所属」がなくなる怖さから会社をつくった私の場合、
最初が一番「何がしたいか」わかりませんでした。

葛藤しながら少しずつ「やるべきこと」「やりたいこと」が見えてきました。
とはいえ今だって日々葛藤し、まだまだ絞り切れない自分に直面します。

割り切れず、へたっぴ。
けど、自分をたいせつにしつつ、人をたいせつにしつつ、歩みを止めない。
そんな風にして、起業10年目もやっていきたいと思います。

いつも気にかけ、応援してくださるあなたに心からの感謝を。
この1年も、よろしくお願いいたします。