株式会社リリムジカは、音楽療法を学んだ人に働く場を提供します

081130_01.jpg
  NEC社会起業塾、中間報告会終了後。コーディネータ、スタッフ、起業家たち。後列中央左のスーツ姿が私です。

今まで私のブログでは、株式会社リリムジカの仕事および私の仕事を
「音楽療法士の支援」と書いてきました。「音楽療法士を助けたい」という気持ちは
ありましたが、「支援」という単語にあいまいさを感じており、なんとかせねばと
思っておりました。ブログを読んでくださった方の中にも「支援とは、結局何を
することなのか?」という疑問を感じた方がいらっしゃったことでしょう。

そんな中、私たちはNEC社会起業塾の中間報告会というイベントを経て、リリムジカの
仕事を「音楽療法を学んだ人に働く場を提供すること」と定義することができました。
NEC社会起業塾とは、NECETIC.が共催している、創業したての社会起業家
育成プログラムです。私たちは8月の選考で正規の枠には入れませんでしたが、
特別枠として参加をさせていただいていただきます。なお、過去の塾生には社会的な
企業として大変有名な、フローレンスさんもいらっしゃいます。

なぜこのように「支援」から「仕事の場をつくること」というように具体化ができたかと言うと、
「音楽療法の業界が発展しない最大の理由は、業界外部に対してまだまだ貢献が
できていないからではないか」だと感じたからです。合宿の期間中に、「今まで
さんざん音楽療法という単語を聞いたが結局なんだかわからない」という声や、
「音楽療法業界の課題を挙げるのではなく、音楽療法がどう人に役立つのかを
教えてほしい」という声をいただきました。私たちがすべきことは、音楽療法と社会の
接点をつくることだと考えました。(ブログの名前も変えました!)

今後の私たちの課題は、社会のどこと接点をつくるか。すなわち、「誰のために
どのような効能がある、音楽療法のサービスをつくるか」
を決めることです。
音楽療法は現状でも障がい者や高齢者などいくつかの領域をカバーしています。
しかし本当に音楽療法士の仕事を成り立たせるためには、もっと対象者を具体的に
しなければなりません。障がいにも色々ありますし、高齢者にも色々あります。

合宿では音楽療法が役に立つと考えられる分野を50個思いつくまま挙げてみました。
高齢者や障がい者だけでなく、子育てにつかれているお母さん、ターミナルケアを
必要としているがん患者など。そこから、①「音楽療法の強みと相性がよく」、
②「緊急性と市場性を兼ね備えて」おり、③「リリムジカのオフィスがある
杉並区近辺にニーズがある」
分野をわたしたちが扱う領域として絞り込みます。

それを行うために、今後私たちは①「音楽療法を活かしたサービスで成功している
事例はないか?」②「成功している要因は何か?」
という問いに答えます。
現在行っている奈良市の事例の調査も、そのひとつとしてとらえます。

音楽療法(士)の強みは、音楽の高度な技術に加えて、対象者について
医学的な知識を持ちうる点だと思います。彼らが、その強みを活かして
人々の課題をどんどん解決していく日は、そう遠くないと思います。

081130_02.jpg
          社会起業家たち。今回柴田は欠席だったが 、次回は全員で写真を撮りたい。
08年11月28日(金)、11月29日(土)とNEC社会起業塾の中間合宿に参加してきました。そこでは、リリムジカがなすべきことを「音楽療法を学んだ人がいきいきと働ける場をつくること」だと定めることができました。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する