身体と音楽と教育

081215-01.jpg081215-02.jpg


「音楽療法と関係あると思うから絶対来て~!」

お誘いをいただいて、立川にある「賢治の学校」でオイリュトミーを拝見してきました。
オイリュトミーとは、色や数学、言葉などの様々なイメージを
体でとらえなおして、表現する舞踏の一種。
シュタイナー教育のカリキュラムの一貫で行われます。

写真は音楽に合わせて舞う、賢治の学校の生徒さん。
体の軸がとてもしっかりしていて、美しかった!

活動を考える際の参考になると思って、早速本を購入しました。

「オイリュトミーの世界―ルドルフ・シュタイナーによって創始された宇宙神殿舞踊」

081215-03.jpg081215-04.jpg

シュタイナー教育では、何事も体で学習することを大事にしています。

写真は2年生の学習発表。真ん中の子を囲んでいる子どもたちには、一人ひとり
「0」から「9」まで数字が割り当てられています。「7、14、21、35・・・」と、
七の段の九九を唱えながら、一の位の数字(7、4、1、5・・・)を割り当てられている子を
真ん中の子がたどって結ぶと、美しい図形ができあがりました。

小学校のころ、私もこんな風に算数を勉強できたら楽しかったなぁ・・・。

081215-11.jpg081215-12.jpg

左は全校生徒による音楽の発表、右は賢治の学校の校舎。
知人に誘われて、立川の学校でオイリュトミーを拝見してきました。音楽療法に関係がありそうで、これから勉強します。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する