スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護職員、生活指導員の方が考えていること

ある意味、音楽療法士の同僚とも言える、施設の職員。
彼らがどんなことを考えているのかを知らなければ、
音楽療法士はいわゆる“お客さん”以上の段階に進むことはできません。

職員の方たちがどんな思いで働いていて、仕事から何を
感じ取っているか。それを知ってこそ、同じ土俵、同じ目線で
働くことができる、というものでしょう。

下記URL(私のしごと館)に掲載されている動画は、高齢者施設や
障がい者施設で働く人がどんなことを考えているのかを知る
手がかりとして、大変優れています。一見、子ども向けですが、
侮るなかれ、です。

●福祉施設介護職員
 http://www.shigotokan.ehdo.go.jp/jjw/servlet/gaisetsu/nanikana?jobID=0000188
●生活指導員
 http://www.shigotokan.ehdo.go.jp/jjw/servlet/gaisetsu/nanikana?jobID=0000187

若手の方は、「利用者から声をかけてもらうことが嬉しくて
やりがいになっている」と語りました。一方ベテランの方は、
「この仕事は人間関係で成り立っているため、ストレスが多い。
なんでこの人が?という人から辞めていく」と語っています。

両面、あるのでしょう。
音楽療法士の同僚とも言える、施設の職員。彼らがどんなことを考えているのかを知らなければ、音楽療法士はいわゆる“お客さん”状態から一歩踏み込むことはできません。そこで、職員の方がどんなことを考えているかを知ることのできる動画をご紹介します。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。