介護されてあげるボランティア

以下は日経ビジネスオンラインの記事より。高齢の夫が高齢の妻を介護するときの描写。

 夫が妻にする介護の中身をよく見ると体調管理にはじまり生活管理、投薬管理と、
こと細かく行い、まるで仕事の延長のような管理介護が特徴です。

 一言でいうと「介護者主導型の介護」です。介護のやり方やスタイル、
スケジュールをみんな介護者が決めてしまうため、妻は自分が受けている
介護に否とは言えなくなる。

 「奥さんはお幸せね」と周囲は言うけれど、本当に幸せなのでしょうか。
「よい介護」とは、基本的に「自分が受けたい介護」です。介護の内容について
文句や注文をできないとしたら、妻は「介護されてあげるボランティア」を
していることになります。

外の人間を入れたがらない男性であれば、なおさらこういった問題は表面化しづらいだろう。
日経ビジネスオンラインの記事より。高齢の夫が高齢の妻を介護するときの描写。(中略)「奥さんはお幸せね」と周囲は言うけれど、本当に幸せなのでしょうか。「よい介護」とは、基本的に「自分が受けたい介護」です。介護の内容について文句や注文をできないとしたら、妻は「介護されてあげるボランティア」をしていることになります。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する