見えてきた事実の相関

090327-01.jpg今日は柴田と、1月から行ってきたヒアリング
の内容をまとめた。

議事録を全部印刷して「これは!」と思う
ポイントを書き出す。その後、関連のあり
そうなものを結びつける、という手順。

たとえば高齢者デイサービスに関する声を
つなげていくと以下のようになる。

人手が足りず食事・入浴・排泄で手一杯
(介護職)

日中活動の充実に割く時間がない
(介護職)

活動をその場その場で考えるようになる
(管理者)

利用者さんを待たせる時間が長くなる
(事業所社長)

施設の評判が下がる
(同上)

稼働率が下がる
(管理者)

事業所の収益が下がる
(介護職)

人件費を割けなくなる
(介護職)

ますます人手が足りなくなる
(介護職)


Bad Cycleの字が小学生みたいなのは、ご愛嬌ということで。
今日は柴田と、1月から行ってきたヒアリングの内容をまとめた。議事録を全部印刷して、「これは!」と思うポイントを書き出す。その後、関連のありそうなものを結びつける、という手順。
コメント

次の展開に期待!!

せっかくのヒアリングデータ。
Bad Cycle を作って終わりですか?
改善点なりを見つけ、貴社がどのようにかかわっていくのか。

ブログによるとヒアリングをはじめて3ヶ月ほどのはず。
そろそろ次の展開を具体化させてもいい頃なのでは。
いまのままでは自己満足で終わりそうで心配です。
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する