スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回勉強会のまとめ その1(主に告知面について)

ご参加くださった方の経緯や告知についてのまとめを書く。

1.参加の経緯

 ・交流会で知り合う → 事業の相談をする → 施設を見学 → 申し込み
 ・インターネットで発見 → 申し込み

当初は定員9名だったが、今回もし9名が全員来ていたら、
大変なことになっていたと思う。2人だったからこそリラックスして話ができたし、
来てくださった方が自分なりの意見を述べることができた。

これを受け、次回は定員を5名にする予定。

予想だが、3~4人でタイプの違う事業所の人たちが
集まると、一番盛り上がるのではないかと思う。

2.告知

今回、告知の結果がすぐに出たとは言いづらい。

ただ、こういうのは(たぶん)継続が結果に結びつく
タイプのことなので、引き続き動いてみたいと思う。

雨の日の送迎時にいきなりお邪魔すると、本気で
「お邪魔になる」ということがわかっただけでも収穫だ。

利用者さんが雨に濡れないよう、傘を差してピストンで
車にお連れするので、いつもより一層人手がかかる。

(1)チラシ トータル117枚配布。チラシからの申し込みは0名。

チラシは2回バージョンアップしており、配布の内訳は以下のとおり。

・バージョン1 合計78枚 (4月1日から配布)

 デイサービス見学および打ち合わせの際に配布:7事業所29枚
 杉並区社会福祉協議会のラック:20枚
 企業に訪問した際の配布:1社3枚
 デイサービス関係者が集まる会合で配布:20枚
 インタビューの際に渡す:1名5枚
 出版社へのFAX:1社1枚

・バージョン2 合計25枚 (4月20日から配布)

 デイサービスに訪問し、配布:8事業所20枚
 福祉関係の専門学校:1校5枚
 
・バージョン3 合計14枚 (4月24日から配布)

 デイサービス見学および打ち合わせの際に配布:1事業所3枚
 デイサービスに訪問し、配布:9事業所11枚

今回は知り合いに直接チラシを渡してお誘いするケースと、
オフィス近くの事業所に伺って手渡しするケースが中心だった。

現場の方に顔を覚えていただくためにも、直接訪問は引き続き行っていく。

次回はスーパーでの張り紙にチャレンジしてみたい。

働いている職場でこういう企画を周知されても、
堂々と「行きます!!」と言える人はなかなかいない。

しかし、ある日買い物のときにふと目に留まれば、「あ~そういえばこんなの
あったな」「行ってみようかな」という気持ちにになるのでは、という仮説。

(2)ウェブ掲載箇所

リリムジカホームページ、ぼらせん.jp、柴田ブログ、管ブログ

ぼらせんのアクセスは4月27日午後23時時点で97。

自社媒体以外で情報が掲載されるのは、
信頼感を増すという点で非常にありがたい。

肌感覚として、介護関係者はあまりWEBを見ないような気がする。
しかし、実際今回WEBから参加してくださった方もいたわけで、
引き続きWEBで掲載可能なところには掲載依頼をしてみようと思う。

内容や進行に関する反省は明日の記事にて。
ご参加くださった方の経緯や告知についてのまとめを書く。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。