スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリエイティビティってのは

「上手に何かを生み出す」というよりも
「上手に物事を思い出す」ことなのかなぁと思う。

今までに自分が見たり聞いたりしてきたものを、
仕事上の課題と適切に結びつけて答えを出す。

決して、無から有を生み出すことではない。
というか、そんなこと天才じゃなきゃできない。

昔ネットで赤ちゃん用品を売っていた頃の社長も言っていた。
「見たこと聞いたことのないものをアウトプットすることはできない」。

私の代は、ちょうど先月から社会人2年目になる人が多い。

友人たちの話を聞いていると、たった1年の社会人経験でも、
デキる人とそうでない人の差は露骨にあらわれている。

違いはシンプルで、自分らしくどんどん提案をして、いきいき
働いている人ほど、遊んでいて、感度が高くて、話がおもしろい。

出版社で働くMさんという女の子は、どんなに忙しくても
週末は徹夜でクラブに通っていた。

Web系の会社で働くYくんは、映画に異常に詳しかったり、
熱帯魚が趣味だったりしていた。

ふたりとも、同期の中ではエース的な存在になっている。

一方、仕事でヒーヒー言ったり、「やめたい」って
言ったりしている人は、悲しいほど遊ばない。

遊ばないから行き詰って、行き詰るから余計に
遊ぶ時間がなくなっている。

アウトプットの差はインプットの差から生まれる。だから、価値のある
仕事をするためにはインプットの環境から変えなきゃいけないんだよな。
「上手に何かを生み出す」というよりも「上手に物事を思い出す」ことなのかなぁと思う。昔ネットで赤ちゃん用品を売っていた頃の社長も、「見たこと聞いたことのないものをアウトプットすることはできない」って言ってた。
コメント

No title

おれも遊んでないわ汗

以前産経新聞で「無用の用」というコラムを読んだけど、
遊びもそういうことなのかな、と思います。

あとは、何かに熱狂的になれる人って、
エネルギーが半端ないよね。その「徹夜でクラブ」
の人とかも。その爆発力を仕事でも活かしてるのかな。

Re: No title

そうそう。

「仕事と遊びがバランスをとっている」というよりも、
エンジンが二つ、くっついているような感じ。

スピードスケートの人みたいに、どっちにも
体重をしっかり乗せて、ぐいぐい進んでいく。

最近ダニエルピンクのハイ・コンセプトを読んでいるが、
仕事と遊びを完全に切り分けてしまうタイプの人は、
これから苦しくなると思うんだよな~

No title

てかオレもフォトリーディング講座うけて
「ハイコンセプト」丁度先日読んだので驚いたw

これからは右脳左脳統合型だ!
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。