「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」とセットで見たい動画

TABLOGで紹介されていて、知った。

銀行システムによる「信用創造」が持つ本当の意味について、経済学の教科書では、サラリと書かれることが多いが、普通の生活者の実感からすると、「これナニ?ネズミ講?じゃないの~!」と思うくらい、かなりトンでもないことで、そのトンでもなさが、教科書だと、よく分からないのだが、このビデオだと、とてもよく分かる。

とのこと。

47分の動画なので、今日の夜見ることにする。
感想はまたあとで書きます。

※下段バーの「CC」というボタンを押すと日本語字幕が出ます。

「Money as debt (負債としてのオカネ)」

TABLOGで紹介されていて、知った。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する