デイサービス利用者のルポがあまりに秀逸な件

デイサービス関係者はご一読を。

78歳の方で、5月からデイサービスに通い始めた方のブログ記事だ。
飛び入り原稿 「デイサービス(通所介護)」 その6

デイサービスでの一日が利用者の方の目線で刻々と語られる。

たとえばお風呂。

 G.午後3時ごろ「お風呂」に呼ばれた。

   車椅子ごと「脱衣場」である。
   上半身は、自分で脱げるので、裸になる。係の職員は若い男子職員だ。
   監督していて、指導しているのは、中年の女子職員である。
   普段男子の風呂場に中年とは言え女子は居ないのでビックリ。
   女子職員は手馴れているらしく、若手の男子に指示している。

   (中略)

   「風呂場」には、風呂場用の車椅子に乗り換えて、洗い場に入る。
   浴槽に入る前に、最初から身体を洗う。若手の男子職員が、
   頭から足の先まで、お尻も含めて洗ってくれる。
   「殿様のお風呂」だぞ。「豊臣秀吉になった気分」

今までお風呂はいやがる方が多いのかな~、
という印象だったので「こういう感想もあるのか!」と思った。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する