選り好みしない、というところに答えがある、かも

なんでもやってみる、喜んでもらえそうならとりあえずやる。
そういうスタンスを取ることで、仕事は広がってくるみたい。

うちの会社が始まったとき、とにかく音楽療法という言葉にこだわって、
音楽に関するサービスだけをやろうとしていた。

それが、今年の6月くらいから、「どうせお年寄りや障害のある人の
ために仕事をするなら、音楽に限らなくてもよくない?」というスタンスに。

もし自分がおじいちゃんになって施設に住んだとしたら、
音楽だけじゃなくていろいろな楽しみがあるといい。

今日、いつも行っているお年寄りの施設に「これをやったら
楽しいんじゃないかと思って!」と提案をしたら、
思ったよりもずいぶんスムーズにとおった。

いきなり担当の方を紹介していただけて、テスト実施日の選定まで!

音楽しかできなくて「音楽どうですか?」というよりも、
いろいろ幅があったほうが、施設にとって嬉しいのかも、しれない。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する