芸が荒れることについて

三遊亭円楽さんが亡くなった。連日ニュースで笑点の名シーンが放映され、
山盛りにされたニンジンなど、訃報なのに大いに笑った。

その中で印象に残っているエピソードがある。

笑点で円楽さんが人気絶頂のとき、師匠から「芸が荒れている」の一声。
円楽さんはすぐにすべてのテレビ出演をやめ、笑点も降板した。


それだけ、自分の芸に気を使っておられたのだろう。
丁寧に、丁寧に、仕事をする。し続ける。

仕事への気持ちというのは周囲がどう働きかけても
結局は自分次第であり、自分の品質管理は自分にしかできない。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する