スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いいかげんがいい」を少しずつ読んでいる

11月29日(日)に杉並区のもび~るさんが主催する鎌田實先生の講演を聞きに行く。

その予習として、先生の書かれた書籍を数冊購入した。
最初に届いたのがこの「いいかげんがいい」だった。

●スイスのマッターホルンで1人旅をする75歳の方のくだり。
 がんで肝臓の3分の2を摘出している。

外国でのスキーを毎年続けている。お金持ちかと思った。
「ケチケチ旅行でね。レストランで夕食をとらないようにしています。スーパーで地元の手ごろなワインと食べ物を買ってきて、部屋で食べる。年金生活です。」
ますますこの男が好きになった、いいなぁ。

先日高齢者向けのウォーキングイベントに参加したとき、
とても肌つやのよい女性がいた。声をかけると70歳!
くしゅっとしたニット帽子をおしゃれにかぶりこなしている。

「この歳になると雑念がないから、、子どもとか、夫とか、
みんながどう思うかなんて、あまり気にしないの。
iPodに好きな音楽や英語を入れて、一人でいろんな山に登りに行っているわ。」

生涯現役を標榜する人の話を聞くと、元気が出る。同じと思う。

●ずっと旅役者をしていた笑顔あふれる75歳の女性のくだり。脳卒中で左片麻痺。
 デイケアが楽しい。折り紙、切り絵、すべてが勉強になると言う。

ふうん、と僕は思った。調子のいいこと言ってるな。
折り紙がそんなに楽しいわけがないと思った。
あるとき、彼女に聞いてみた。
「なんでそんなに折り紙が楽しいの」
思いがけない答えが返ってきた。
「字を書くことも、絵を描くことも、してこなかったんです。先生、私ね、
小学校に行ったことがないんです」
(中略)
「学校には行かせてもらえませんでした。字は読めるんだけど、書けません。今、デイケアで教わることはなんでも、私にとってはうれしい勉強なんです。」
(中略)
字を書けなかった女性のニコニコ顔と向かい合いながら、僕は思った。幼いときに恵まれなかったことで、この人の目には、同じデイケアが輝く時間に感じられている。いいなぁ・・・・・・・こういう気持ちを持っている人って。

真剣に、やることだと思う。小さなころは私も一生懸命、鶴を折った。楽しかった。
自分はこんなことをしているはずの人間ではない、という考えだと損をする。

コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。