スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月22日(土)リハビリ特化型デイでPTによる勉強会を行います。

※この勉強会は都合により延期になりました。ご了承ください。いづれの機会にまた、と思っております。(H22.5.21)

「音楽療法というけど、その専門性って何なの?」
施設に訪問する際、極めて高い確率で問われる質問である。
思い出されるのは川崎の特養に行ったとき。
例に漏れず、冒頭の質問を受けた。
「そうですね、、利用者の方それぞれで身体の状況、経歴
ことなりますから一概には言えません、、。」

「応援しているからこそ言うけど、がっくしきたわ。」
あてがはずれたような、施設長の表情だった。

職業として音楽療法を行うものであれば、
誰もが冒頭の問いに対して、簡潔な答えを持たねばならない。
たとえそれが仮のものだとしてもだ。

医者が病気を治し、弁護士がクライアントの権利を守り、
先生が生徒に勉強を教え、プログラマがコードを書くように。

専門職という意味では理学療法の分野が私たちの先を行っている。

「理学療法」とは、身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の
回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、
温熱その他の物理的手段を加えることをいう。

昭和40年にできた理学療法士及び作業療法士法第2条である。
現在全国では7万人を超える有資格者がいて、医療や介護の現場で活躍している。

音楽療法士とも連携をとることのある理学療法士。
彼らがどのように仕事をし、どのようなことを考えているのかを
知ることは有益ではなかろうか。

そこで、4月22日(土)の午後、リハビリ特化型デイサービス
「りはっぴぃ」代表の理学療法士鹿島雄志さんのお話を伺う勉強会を行う。

・自分の現場でリハビリの要素を取り入れてみたい
・知識として高齢者の身体のことを知りたい
・自分の専門性について考え直してみたい
・他の音楽療法士とのつながりをもちたい
・デイサービス等介護施設に入ってみたい

上記のようなお考えのある方のお役に立てると思います。

※この勉強会は都合により延期になりました。ご了承ください。いづれの機会にまた、と思っております。(H22.5.21)
記:理学療法士 鹿島雄志先生による音楽療法士向け勉強会

【対象】音楽療法を実践されている方 または これから実践しようとする方
【日時】2010年5月22日(土) 15時~18時
    ※終了後同会場にて懇親会があります。(自由参加)
【会場】りはっぴぃ 桜新町(東京都世田谷区桜新町2丁目24-1
【参加費】3000円(税込) 懇親会は別途1000円~2000円程度かかります。
【申込】以下の内容を添えて info@lirymusica.co.jp までご連絡ください。

   ・ご氏名   ・ご所属   ・年齢(例:30代)
   ・メールアドレス(PC)   ・携帯電話番号(当日の連絡用)
   ・どこで勉強会のことを知ったか

コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。