スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚生活方針

1986年1月20日。私は良き父と良き母との間に生まれ、今日まで不自由なく生きてきました。健康な体。申し分ない教育。家族、恩師、先輩方、友人たち。すべてに恵まれ生きてきました。明日の夕刻、私は西方千晶さんと婚姻届を提出します。結婚生活から派生するさまざまな喜び、悲しみ。すべてを自分らしく乗り越え、家族と幸福なる人生をともに歩むため、ここに私の結婚生活方針を定めます。

壱、私は夫として持てる限りすべての力を発揮して、千晶さんと幸福なる家庭を築きます。私が死ぬとき、また千晶さんが死ぬとき、「この結婚をしたことに何一つ悔いはない。」自信をもって天に召されることのできる生き方をします。

弐、私は家庭の幸福のため、社会との接点を常に広く持ち、興奮と感動に満ちた人生を歩みます。子どもが生まれたときには自身の背中を以って、尊厳と奉仕の心に満ちた人格を示します。

参、私は一人の人間として、千晶さんをはじめ、私の両親、弟、千晶さんの両親、お姉さん、親戚一同、友人、すべての人に対して、良識と気概を以って接します。社会全体の幸福が、私の、私たち夫婦の幸福となるようつとめます。

四、夫婦生活において、自分が思い描いたとおりにいかないことも多々あると予想します。その際、一時の怒りや失望によって節度なく感情を露することを厳に慎みます。

伍、不幸は時として予告なくやってきます。万が一私の命が突然にして尽きたとしても、千晶さんが、家族が、堂々と胸を張り笑って生きることを心底より望みます。そのために、日ごろから愛と信念を以って行動します。また、千晶さんがたとえ突然命を失ったとしても、私は自我を失うことなく毅然として前を向きます。そのために、いつ何時も千晶さんへの愛と感謝を忘れることなく生きてゆきます。

六、決して偽ることなく人生を全うします。偽ること。先延ばしにすること。それらが世の中におけるあらゆる失敗と不幸の根源となります。自らに対する素直誠実と他者の幸福発展を両立する生き方を実践します。

七、私のこれまでの人生は幸せに満ちたものでした。そして、これからもきっとそうだと思います。私を生んでくださった両親、千晶さんを生んでくださった千晶さんのご両親(明日からは私の両親です)に心からの感謝をこめて、ここに、千晶さんと幸福なる家庭を築くことを誓います。

2010年6月29日 管 偉辰

コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。