グループホーム陽だまりの家町田さん

昨日の午前中、町田市真光寺にあるグループホーム
陽だまりの家町田さんを訪ねました。
ここには月に2回、柴田が音楽療法で訪問しています。

リリムジカと共に仕事をしている人へのインタビュー記事
「カフェ リリムジカ」の取材。

ホーム長の吉田悦子さんにお話を伺いました。
吉田さんが介護の世界に入ったきっかけから、看取り、ご家族との絆。

インタビュー中、私はひとつ質問をしました。

家族が認知症になったとき、在宅で介護をするか、
施設での介護を選択するか。
吉田さんだったら何を基準に判断しますか?

吉田さんの答えはハッキリしていました。

私だったら、認知症になった時点で
グループホームがよいと思う。
すべてを家族が背負う必要はないわ。
プロの仕事が入ったほうが、本人も楽だし、家族も楽になる。
たとえば家だと食事が進まない人が、
ホームでみんなにつられて食べることもある。

施設を選択したケースの中で、家族がそれを後ろめたく
感じている場合が少なからずあります。
そんなとき、吉田さんの言葉は力になる、と感じています。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

役立つブログまとめ(社会貢献): 高齢者支援 by Good↑or Bad↓

「高齢者支援」に関する社会貢献活動で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、紹介したいNPO活動のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。