スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独立介護福祉士

柳本(やぎもと)文貴さんのお仕事の話を伺ってきました。

地域ケア研トークショー

柳本さん。

障がい者の在宅ヘルパーお仕事に始まり、
老健、グループホームと勤務。
2008年4月1日にグレースケア機構を立ち上げられました。

2008年4月1日、、
リリムジカの立ち上げ日と一緒です。

グレースケア機構さんのお仕事は介護保険外の介護サービス。
通院とか、犬の散歩とか、お出かけとか。

保険内では対応しづらいニーズにこたえています。

現在60名ほどのヘルパーが登録されていて、
月40人の方がサービスを利用しているとのこと(記憶違いあるかもしれません)。


「グレースケア機構コーディネートのもと、
個人で動く独立介護福祉士が増えていったらいい」

柳本さんの将来構想です。


私が考えているリリムジカのイメージと、近い。

地域の中、在宅で、あるいは施設で音楽療法士が動く。
瞬間、瞬感。場をつくる。つなぎをリリムジカがやる。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。