アイルランドの邦人が募金活動

youtube の動画をご紹介いただきました。

Aid Japan Japanese

アイルランドの盛大なお祭り。
セントパトリック記念日(3月17日)に邦人が募金活動。



世界から日本へ。日本全国から被災地へ。

「支援」が伝わっているのを感じます。


以前「人を助けるとはどういうことか」
という本を教えていただきました。


「助けられるとき、人は一段低い位置にいるように感じる」

文中きわめてピーンときた内容です。

一段低い位置。
これを本書では「ワンダウン」と表現していました。


ワンダウンは、実は心地よい状態ではない。

今や、世界から見た日本はワンダウン。
被災地はツーダウン。
津波が押し寄せた地域はスリーダウン、フォー、ファイブ?

世界からポジティブが流れてくれば来るほど、
それをマイナス変換してしまう感情の作用があります。

支援され疲れ、といったものでしょうか。


しかし、しかし。

心の内、精神は本来自由。

ポジティブをそのまま栄養にできる筈です。

環境から伝わってくる支援を自然体で迎える。

それを、精神的な復興と呼ぶのではないでしょうか。

支援を受けることと独立自尊は矛盾しない。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する