言葉じゃないから、伝わることがある。

心の安定。あるいは、余裕。
これは生きる中で極めて重要。


学生時代、心と体がむちゃくちゃになって、
どうにもならない、、。
学校の保健室に相談にいったことがあります。

カウンセラー然とした社会学部の教授がいました。
「どうして?」「どう思う?」
いろいろ質問されました。


自分でもわからないから、
困っているんじゃないか!

と気づいたのはずいぶんあとのこと。

保健室には3回、通って、
そのうち“まぁいいや”と開き直りました。

あのころ、
両親は、家族は、ずいぶん心配したと思います。


リリムジカのホームページには
「言葉じゃないから、伝わることがある」
と書いてあります。

これは、去年ホームページをリニューアルするときに、
何かキャッチコピーを、と思ってひらめいた言葉。


言葉というのは、はっきりしている分、
雰囲気や気配が捨象されてしまう。

大事なのは、言葉の中身そのものよりも、
間であったり、表情、とかいろいろ。


「言葉じゃないから、伝わることがある」

ひらめいた当時に増して、
的を得たコピーだなぁ、と思っています。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する