スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリムジカ荻窪事務所、利用終了のご報告

リリムジカでは設立直後の2008年6月以来、
荻窪に事務所をおき、仕事を進めてきました。


去年の夏までは、ほぼ毎日事務所に行って仕事をしてきました。

柴田は事務所に楽器を置いていたので、ここが拠点。
自宅~事務所~仕事場の施設~事務所~自宅という動きでした。

一方、私は荻窪で資料をつくったり、経理をやったり。


昨年10月に子どもが産まれてから、
体制に変化が出ました。

できる限り家にいて妻をサポートし、
子どもを見られたら、、。


そう思って、まずは仕事の時間を調整しました。
それまでは朝10時に出社が基本でした。

日中は事務仕事をしたり、施設を訪ねたり。
夜は集まりや勉強会に出る。週に2~3回くらい。

24時前後に帰ってきて、お風呂に入る。
その後メールを1~2時間ほど。

25~6時くらいに、寝る。
寝たと思ったら、赤ちゃんが泣く。

それでも翌日7時半くらいに起きて、事務所へ。


管は2~3人いるのではないか?!
まことしやかに噂が流れ始めたのはこのころです。


でも、正直、さすがにちょっとしんどかったです。
それで、柴田と相談して出社の時間を遅くしました。

13時ごろの出社にするようにしました。

朝は9時くらいに起きて、洗濯を手伝ったり、
ごはんのお皿を洗ったり。

それから家で少し仕事。
昼前に荻窪に向かう、という生活でした。

後半はそれまでと一緒。


午前中にちょっと仕事をする。
「仕事をする」ということは、家で働ける体制をつくるということです。

パソコンを設定したり、机を用意したり。

家で仕事ができる。
すると、あることに気がつきました。


あれ?毎日何のために事務所に行っているのだろう?

早いプリンタで資料を印刷すること、銀行に行くこと。
これくらいしか思い当たりませんでした。

むしろ、移動時間(一日往復3時間)や、
交通費(定期代月2万円)がもったいなく感じられました。


3月のおわりごろ、何かの弾みで柴田と話しました。

「うちって、事務所いるのかな?」

「・・・いらないよね。」


思えば音楽療法士は直行直帰だし、
私の仕事はパソコンさえあればどこでもできる。

スケジュール管理は1月から導入したiPadで十分。
会議で決めるようなことも特にありません。


このようにして、脱オフィスの方針が決まりました。

それから、4月中の撤収に向けて不動産屋さんと
連絡をとったり、ものを片付けたり。

とうとう昨日4月28日に、事務所を完全撤収しました。


事務所があっても、なくても、
これまでどおり頑張って参りたいと思います。

みなさん、今後ともよろしくお願いいたします。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。