スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャルメディアとの付き合い方

こんにちは、管です。

ツイッター、フェイスブック、、。

ソーシャルメディアが隆盛です。

仲間が以下の記事を紹介してくださりました。

「医師は患者からの「友達リクエスト」の承認は控えるべき」

※全文を読むには日経メディカルオンラインの登録が必要です。


記事では、医師と医学生がソーシャルメディアを使うときのアドバイスが書かれています。

私なりの応答を加えます。

●ソーシャルメディアは個人の公的な面と私的な面の境界を曖昧にする

私もツイッター、フェイスブック利用しています。

ときどき、「こんなこと書いて大丈夫かしら?」と思うような
投稿も目にします。

他山の石として、、

「内容に照会があっても、意図を回答できる」ことだけ
投稿するようにしています。

●医師と医学生はプライバシー設定を保守的にすべきだが、それでもすべての情報が保護されるわけではない

リリムジカのMLをやり始めたころだと思います。

自分が出した情報にはすべて責任をもつ。と覚悟しました。

情報を保護するのは自分しかいない。

●医師と医学生は、ウェブ上でも、患者の秘密を漏らしてはならないという倫理的、法的義務を負っている

人を、出来事を紹介するにはその情報を出さざるを得ない。

この情報を出すべきか、出さざるべきか。

見極めがむずかしいところです。

おもしろいエピソードほど!

私的で出すことがはばかられます。

かといって「この情報書いていいですか?」と
確認しすぎると瞬間の感動が薄れる。

按配が肝心。


以前、無断で情報を出し、応答いただいたことがあります。

そのとき、厚生労働省が個人情報取り扱いのガイドライン
出していることをしりました。


どの内容も納得できるものでした。
以来情報を出すときはこれを念頭においています。

●特定の患者または同僚に関する個人的な、または名誉を傷つけるコメントをフォーラムなどで公開してはならない

この難しさは、、

どこからが個人的なのか、
どこからが名誉を傷つけるのか、

が人によって異なることです。


私自身に、繊細な面と、簡単に流せる面があります。

雨降って地固まる。

クレームをもらってからが本当の付き合い。

真正面で勉強するしかない、と思っています。

●医師や医学生はウェブ上でも利益相反開示の義務を負う

本文の主旨は、たとえば薬を推薦するコメントをするときに
自分の立場を明らかにしておく、ということでした。

どのタイミングで立場を明らかにするか、
という点がポイントです。


なんでも書く前に「リリムジカの人として書きますが」とか
「元商学部の学生として書きますが」とかつける。

文章の味が無くなってしまいます。


いつも自分の考え、立場を表明する。

「あぁ、管さんならこう考えるわね、しかたないわね。」

となるように、MLやブログをしています。

●医師と医学生は、Facebookなどにおいて現在の患者または過去の患者から「友達リクエスト」がきても、承認は控えるべき

患者から申請が来ても、できれば避けましょう。

という主旨の文でした。

私は、一度お話したことがあれば
友達リクエストを受ける、申請もする、という立場です。

人と人が良い関係を築くには、
いろんな角度から相手を知ることが必要と思っているからです。

どんな食べ物が好き?
出身はどこ?
将来どうなりたい?

互いに“ホッ”とすることが大事。


フェイスブックで相手が喜びの書き込みをした。。
おめでとう!と一緒に喜ぶ。

もし、過度にプライベートなことを発信していた。
そっとしておく。

この辺の按配も、実践の中で勉強と思っています。

●ウェブの中で自分がどのような印象を相手に与えるかを意識し、それが自分の立場に与える影響を推定しなければならない

自分なりのルールづくりが肝要です。

フェイスブックをさわるようになって、
ML投稿しにくくなりました。

瞬間の情報は、どうしてもフェイスブックが早い。
「これからどこそこに行きます」、とか。

ML投稿できなくなると、
次投稿するのがなんとなく億劫になります。

MLをやめてフェイスブックに移行しようか、
とアイデアしたこともあります。


しかし、MLにはMLの良さがあります。

長文が書きやすい。

それから読む人のことを思い浮かべられる。


やりながらそれに気がついて、役割分担になりました。



現実の自分も、ウェブにのせた自分も、結局自分。


理ではなく気で書く。

見られる、聴かれることを覚悟する。

何かが起きたら、反省する。


三点を軸にやっています。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。