1ドル76円をチェックするリーダーのあり方

こんにちは、管 偉辰です。


昨日はさつき荘さんの研修会。

テーマは「ターミナルケア」と
「人財育成とマネジメント力」でした。

人財育成のところの山口相談員のお話。


日々の仕事・生活を詳しくご紹介いただきました。
素晴らしかったです。

朝は6時に起きる。
出勤前に新聞読んでインプット。

勤務時間内はアウトプットの時間。

朝礼で「1ドルいよいよ76円だなぁ」
みんなが「やっぱり相談員は話題の幅が違うな!」

チョコレート、アイス。
女性職員とも盛り上れるトークの幅。
自然体で吸収、勉強。

たばこで一服は、仕事以外の話を聞く場。
みんなの心境がわかる。


誰よりも努力しているからこそ、
ご家族やご利用者の信頼がある。

だから、職員がついてくる。

山口スタイルは芸術作品でした。


山口さんのお話を聞いて感じたこと。
それは「リーダーにはリーダーの現場がある」ということ。

自分が接するものはすべからく全力。

私の「音楽療法コーディネータ」の考え方がかわりました。


これまでは、コーディネータだから、
あくまで主役は音楽療法士。

無意識に一歩ひいていました。

ほおかむりをするような、、。


自分が話を聴くとき、あるいは話すとき。
所作のひとつひとつ。

丁寧に真剣に。信念をもって。
それがあって、音楽療法士、施設の職員さん、ご家族の信頼を得られる。

現場意識を持ち、1流の音楽療法コーディネータで在ろうと思いました。


※さつき荘さんの研修は、自由参加(無料)です。
来年からの本研修に向けての準備の位置づけです。

テーマはマーケティング、認知症の理解、人財育成・・・幅広いです。
こちらご了承の上、参加を希望される方は右側のメッセージから私宛にご連絡ください。

次の日程が決まり次第、ご連絡します。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たった7分!認知症は自分で治せます!!

わずかな期間で認知症を改善させてさらにはめまいや感情障害までも改善させてしまった自分でできる7分間認知症改善術を知りたくありませんか?