はてなミュージアムにおける良いブースとは?

はてなミュージアムの参加者交流会01

こんにちは、昨晩に引き続き介護なんでも文化祭(以下介護文化祭)の話題です。

去る9月28日、介護文化祭で私が担当している
「はてなミュージアム」の参加者交流会を行いました。

はてなミュージアムに出展参加する組織団体はバラバラですが、
それぞれが連携できるようにと考えてのことです。

平日の午後にも関わらず、4組の出展参加
企業・団体の方がおいでくださりました。

ご参加くださったみなさま、お手伝いくださった
事務局のみなさま、ありがとうございました。


さて交流会の中で、はてなミュージアムにおける良いブースとは?
逆に良くないブースとは?というテーマで意見を出し合いました。

はてなミュージアム参加団体が、一丸となって
来場者に情報提供できるようにするためです。

みなさんの意見をホワイトボードにまとめていきました。
以下にてその内容をご紹介します。

はてなミュージアムの参加者交流会02


●良いブースとは?

・わかりやすい
・話を聴きやすい雰囲気の人がいる
・話を聴いてみたくなる小道具がある
・目に付く、興味を誘う
・明確なメッセージ、キャッチフレーズがある
・介護者だけでなく誰でも立ち寄れる
・出展者同士がチームになっている
・出展者自身が他のブースをまわって情報を仕入れている
・来場者の話をきいて、必要あらば他のブースに紹介できる
・体力を使い果たさないように、出展者自身がきちんと休憩している
・出展にあたって目標を立てている

●良くないブースとは?

・出展者がぼーっとしている
・ブースの中で出展者が一人ポツンとしている
・大勢が固まって内輪になっている
・スーツの人ばかりいる
・寄ったら何か買わされるのではないかという雰囲気がある
・出展者が自分のブース以外に関心がない


去年の文化祭で印象に残っているのは、
デイサービス・宅老所の方々のブースです。

「理想のデイサービスをつくろう」と題して
自分でサービスを組み合わせるアトラクションがありました。

他の人の理想のデイサービスも見ることができました。
実際に手を動かすというのはやっぱりいいですね。


あと、良いブースとは?に関して「キャッチフレーズ」の
話題が出たときの発言もおもしろかったです。

有料老人ホーム紹介の小間の人が『有料老人ホームを
使わずに済むには?』というキャッチコピーを用いてはどうか?

という意見でした。

話を聞いてみたい気持ちをくすぐられます。


リリムジカで言えば、「音楽療法士にきてもらわなくても
被介護者と一緒に音楽を楽しむには?」という命題でしょうか。

ちょうど良い書類があるのでみなさんにもご紹介します。

介護を必要とするご高齢者と一緒に音楽を楽しむときの
コツを挙げたものです。(A4サイズ1枚)

在宅でご家族を介護なさっている方、
施設で介護をなさっている方に
お役立ていただけることと思います。

「介護に歌を取り入れてみませんか?」(ワードファイル)


話を戻しまして、当日足をお運びくださるみなさま、
はてなミュージアムの内容にどうぞご期待ください。

また、出展参加者のみなさま、
どうぞはてなミュージアム参加者がチームになれるように
ご協力をお願いいたします!
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する