【外部講師の活用に関するアンケート】回答を募っています

現在リリムジカでは、介護の現場で外部の講師を活用することに関するアンケート調査を行っています。介護の現場では昨今、ボランティア・有償問わず外部の講師が入ってきています。私たちリリムジカも、たとえば介護施設「外」から介護の現場を訪ねてサービス提供を行っています。一般の方(家族を介護している方も含みます)、介護関係者それぞれに外部講師の是非など、ご意見をお聞きしたいです。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

■一般の方向け■
http://goo.gl/MQIDdn

■介護事業に関わっている方向け■
http://goo.gl/SaRq21

さて、上記のアンケートで本日11月17日までに一般の方39名、介護関係者28名からご回答をいただきました。お時間を割いてご回答をくださったみなさま、本当にありがとうございます。

価値のあるご意見が集まりましたので、現時点での報告と感想を述べます。

アンケートの回答を見ると、一般の方は、介護施設等に外部の講師が入ることについて歓迎する声が多くありました。「アウトソースできるとよりよいプログラムが組める可能性がある」「お金を払ってでも、人生を楽しむ価値にはかえられない」というコメントがありました。

介護関係者は、「外部の目線への期待」もありましたが、「職員が手を抜くことへの危惧」や「レクリエーションも含めて専門職だから頼るべきではない」という意見もありました。

私としては、人を支える専門性は、自分ひとりで「支えきる」ことではなく、外部に任せることも含めて専門性だと考えています。家族が抱え込んでつぶれかけた状態をそのまま介護職員が抱え込めば、介護職員も家族と同じようにつぶれる可能性があります。

すでに方々で言われているように、無償有償問わず、「支援」にあたっては必要な社会資源を活用してほしいです。結果的に利用につながらなかったとしても、選択肢を用意しておくことはサービスとして介護を提供する者のつとめだと考えます。自分自身が利用者の立場になったときに「これでいいでしょ?」と御仕着せをされたくはありません。

同時に私たち外部事業者は、本人、家族、介護職、ケアマネジャーの信頼と満足に足るサービスを提供する責任があると考えます。私自身道半ばで、勇気を出して言えばよく失敗しますが、あきらめずに「最高のサービス」を追求します。

アンケート、引き続きご回答を募っております。みなさまご回答のほど、よろしくお願いいたします。

■一般の方向け■
http://goo.gl/MQIDdn

■介護事業に関わっている方向け■
http://goo.gl/SaRq21
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する