スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポールの社会起業家向けビジネススクールと、教員が森の精と会話できるイギリスの大学院のプログラムの話を聞いて感じたこと5選

DSC_0059.jpg

昨晩、小沼 大地さん井上 英之(いの)さんの対談企画に参加しました。小沼さんがシンガポール、いのさんが大学院のプログラム、それぞれ参加しての学びをシェアするという企画です。ブログでしか告知していないのに、30人定員のつもりが初日で30人、最終的には約80人の申し込みとのこと。すごい人気だ!

そのブログ→http://girgis.blog93.fc2.com/blog-entry-183.html

参加して感じたことがとても大きかったのでまとめます。いのさんいわく「感じることは大事。けど感じたことは流れやすい。ドキュメンテーションしよう。」なるほどそのとおりだなぁ。

DSC_0060.jpg

1.KPIを追う時期と立ち止まる時期がある
小沼さん率いるNPOクロスフィールズは、日本のレガシーな企業と海外のNPO・NGOをつなぐ「留職」という事業を行っている。2011年の創業からめちゃくちゃがんばって契約社数は伸び、留職経験者数も伸びた。いろいろと賞も取っている。けど、これで本当に変えられているのか、という感覚があった。ビジネススクールの期間、立ち止まって考えることができた。
この話共感しすぎて泣いた。ガーッとやると数字は伸びる。けど、モヤモヤもしてくる。私たちも2015年、すごくお客様が増えた。仲間も増えた。けどこれをこのまま続けてあるべきところに到達するのか。ずっと悩んでいた。でも、立ち止まることで見えることがある。

2.社会を変えるモデルはこうしてつくれ
じゃあ、本当に社会を変えるにはどうすりゃいいのさ、という話。
今のビジネスモデルをやり続けても到達する実感がないのじゃろう?
ハイ、おっしゃるとおりです。先生たすけてください。
では、君にこれを授けよう。ドン!(写真は今日リリムジカのメンバーとつくったものです)

sIMAG0130.jpg

なんですかこれ?
インパクトモデルじゃ。中心に君が取り組む課題、上にそれがもたらす様々な結果、下にその課題につながる様々な背景を描く。背景の中から根源的な問題「ルートコース」を見つけるのじゃ。
ハイ先生!やってみます。あれ?でも真ん中に何を書いたらいいんでしょうか??

優秀なフレームワークだと思いました。同時に今、自分が整理すべきことだとも思いました。僕だったら中心に何を置くだろうか。みなさんだったら、中心に何を置きますか?

3.売れるジャンパーの販売をやめた背景とは
社会善のためにビジネスをするのか。ビジネスのために社会善をするのか。
違いは意思決定にあらわれる。僕は、前者の仕事がしたいなぁ!
パタゴニアはかつて次のような意思決定をした。「このジャンパーはたしかに売れている。利益も出る。しかし、これを売っても社会善にはつながらない。だから販売をやめよう」

いま自分たちがやっていることで、お金にはなったとしても社会善につながらないことはないだろうか?

4.覚悟して顧客を不快にさせる
こちらはいのさんのパートの話。
イギリスの大学院のプログラムに参加したとき、最初いのさんは脱出を試みようとしました。「こんなこと知っているよ」「なんのためにやらされているんだ」「どこに逃げようかなぁ」。

しかし、これがまさに、U理論でいう左側を下る試みでした。
評価・判断や皮肉・あきらめをしている自分と向き合う。このプロセスがあるから、自分を知り、右側を上ることができる。
いのさんは言いました。「ふつう、顧客に不快な思いをさせないように注意を払う。しかしここでは、不快な思いをさせる懐がある。そこがすごい。」
なるほど。自分は「不快」を使って何ができるだろうか。不快を恐れていないだろうか。

5.生身になれ
大学院で教えているサティシュクマール氏。思想家。18歳のとき、核兵器の廃棄を求めて世界を歩いた。師は彼に教えた。「お金を持たずに往け」。様々な人が何かを供しようとした。しかし氏は教えを守った。受け取らなかった。常に生身。
あるとき対立する部族の境界をとおった。歓迎された。もし何かを持っていたら、歓迎されなかったかもしれない。対立する部族のものを持っているから。
私たちは日々、何かを持ちすぎていないだろうか。何もかも手放して、生身で歩んだら、どのような未来にたどりつくだろうか。

ビジネススクールのシステマチックな教えと、思想・哲学。
両極を同日にインプットする贅沢な宵でした。小沼さん、いのさん、運営のエティックのみなさまありがとうございました!
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。