放課後等デイサービスを運営している方、介護保険事業以外の事業を探している方へ

160928_01.jpg

今日は、浦安市などで児童発達支援事業所「こころとことばの教室 こっこ」を
5か所運営している発達わんぱく会さんの児童発達支援事業所開設セミナーに参加してきました。

「児童発達支援事業所」という言葉を聞いたことがありますか?
障害のある未就学の子どもが発達支援を受けられる施設のことです。
昨今、就学児以上向けの放課後等デイサービスは激増していますが、
実は児童発達支援事業所の数はその半分もありません。
発達障害のある未就学児のうち、児童発達支援サービスを
利用している子どもはわずか8.5%です。

わんぱく会の理事長、小田さんのセミナーがとても勉強になったので、
内容の中で印象に残った点をご紹介します。

・幼児期に適切な療育を行うことは社会的に投資になる。
・なぜか。適切な療育によってその人らしい人生を生きられる人が増える。
それは労働人口の増大や社会保障費の減少につながるから。

・児童発達支援事業の自己負担額は利用料金の1割。
・利用者の金銭的な負担少なく、質の高いサービスが提供できる。
・児童発達支援事業の単価は放課後等デイサービスの1.2倍。
・児童発達支援事業で「預かり」を提供することもできるが
「療育」を提供することがおすすめ(発達わんぱく会は療育特化)
・療育特化の児童発達支援事業はまだまだ少ないので、
開設してから早期で定員になる可能性が高い。
・わんぱく会のコンサル先でも、6か月想定のところ
3~4か月で定員になったケースがある。

・事業所はなるべく1階につくる。地域に開放するため。
療育だけでなく、発達障害のある人にとって生きやすいまちづくりがしたいから。
・事業所を午前中、地域に開放する。その中で気になる子どもとつながる。
・地域のお母さんたちは、福祉の施設だと思わず教室の開放を利用している。
(看板に「こころとことばの教室」とあるので幼児向けの塾だと思っているのでは、と小田さん)

・1事業所最低3人で開設できる
・内訳は管理者、児童発達支援管理責任者=じはつかん、指導員2名:管理者と兼務可
・「こっこ」では常勤換算で1日あたり6名のスタッフが勤務。45分の療育を4コマ実施。
・療育は「個別」、「音と色」、「グループ(1回2~5名程度)」の3種類
・各コマごとにスタッフチームで振り返りを実施
・預かり型の場合、たとえば6名のスタッフで10名を1日みることになる。
・たとえ療育をうたっていたとしても、預かり型だと
なかなか子ども一人ひとりを見ることは難しい。
・スタッフの勤務時間は8時30分~17時30分でほとんど残業なし
・チームは、資格はあるが経験が浅い人、資格と経験はあるが
勤務時間に制約がある人、スーパーバイザーを組み合わせてつくる
・こっこでは臨床心理士、音楽療法士、臨床発達心理士、
社会福祉士、保育士などの職種がチームを組んでいる
・採用はハローワークと自社ウェブサイトがメイン
・見立て(アセスメント)は簡単ではないが新人チームでも保護者が納得する取り組みはできる

・営業は行政にもするが、行政から利用者を紹介してもらうというよりも、関係づくり
・列ができている児童発達支援事業所に行って、並んでいる人を
紹介してもらう(かつての高齢者デイサービスの状況に近いかも)

・初期投資例は2000万円。27か月程度で回収。
・行政とのつながりを深めるのは結構大変。他地域で同時につながりを深めるのは難しい。
・発達わんぱく会として、直営店を続々と増やしていくことは考えていない。
むしろ各地域に同士を増やす。そのためのコンサル事業。

繰り返しになりますが、小田さんのお話、ほんとうによかったです!
放課後等デイサービスを運営している方、新規事業を探している介護事業者の方は
急いでセミナーに申し込んでください!!

一緒に参加した放課後等デイサービス&高齢者デイサービスを運営している方は、
セミナー後、即コンサルの見積もり依頼をしていました。
私自身も、当初はその気はなかったのですが児童発達支援に何らかの形で携わりたいと思いました。
https://www.facebook.com/wanpaku.org/events

小田さん、素晴らしいセミナーをありがとうございました!

160928_03.jpg
160928_02.jpg
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する