スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「分断」とどう向き合うべきか

170211.jpg


「普段行かないようなところに行ってみたい」と思っていたところ
友人(渡部清花さん)がトランプ政権後の社会についてのイベント
関わっていたので出かけてきました。

登壇者はリディラバの安部敏樹さん、ハフィントンポストの竹下隆一郎さん、エウレカの西川順さん

いろんなところに話題が飛んだが、印象的だったのは、「分断」との向き合い方。
登壇の三者それぞれ、分断とのどうかかわるべきか、持論を持っていた。
にもかかわらず、実際の行動においては同じことをしていた。

まずそれぞれの持論についてまとめてみる。
(ざっくりなので本人たちの意図を正確には反映していない可能性大)

阿部さんは「本当はリベラルがいいけど、分断するのが人間の本質」。
竹下さんは「分断があるのは確か。無理にいじらなくても良いのでは」。
西川さんは「ビジネスにおいては分断に良いも悪いもない。分断があるならそれに対してどう行動するか。」

では、行動はどうか。三人が三人とも、分断先をまさぐっていた。
自分と違う層であることを理解したうえで、無視せず、むしろ突撃。

阿部さんはアパグループ代表に突撃してワインをごちそうになって喧嘩。マイルドヤンキーのツイッターをフォロー。
竹下さんは歴代彼女の地元の友人に積極的にアプローチ。彼女との縁がおわっても友人とは続いている。
西川さんは韓国でサービス展開をするために友人に「違う層の友人を連れてきて」と頼んで飲み会実施。

コンフォートゾーンを出ようという主張は共通していた。
生きるためにどうすべきか、結論は出ていた。
自分と違う層に突っ込む。それが自分の差別化になる。

では、分断に関する持論と仕事における実際の行動の違いをどう理解しているか。
西川さんは持論と行動の背景がビジネスで一貫していたけれども、ビジネスを除いた場合にどうなるのか。
それを聞いてみたかったけれども、今日は時間切れでした。

ちなみに私自身は、日ごろ分断先をまさぐる行動があまり取れていないことを反省。
介護業界は昔は無縁だったけれども、今はもう中の人になってしまった。

事業家レベルを上げていくために、今後も場違いなところに出かけ続けようと思う。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。