スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてミュージックファシリテーションなのか④

どうしてミュージックファシリテーションなのか①
どうしてミュージックファシリテーションなのか②
どうしてミュージックファシリテーションなのか③

2012年に「ミュージックファシリテーション」として再出発。
経営指標は、プログラム実施事業所とファシリテーターの数。
プログラムの成否は「また参加したくなるかどうか」ではかる。

すっきりさせたことによって、
大小波はあるけれど、着々と事業は拡大した。

特に2015年の1年間は、実施事業所が
60事業所から100事業所に一気に増えた。

それまでの7年間で60事業所だったのに
1年間で40事業所増えたのだ。

結果、私は悩みこんでしまった。

今のまま「楽しいプログラム」を繰り返すことが、
ほんとうにお年寄りの、その家族の、介護の現場で働く人の
しあわせにつながるのか。

神奈川担当清水みなみの言葉がわすれられない。

 あるとき、わすれものを取りに、夕方ホームさんに寄ったんです。
 みなさん、食事を召し上がっていました。
 でも、シーンとしていたんです。
 音楽のときはあんなに賑やかなのに。
 
「(プログラムのない)のこりの28日問題」が姿をあらわした。

ほんとうは、2012年のころから気づいていた。
いくら音楽のときに楽しくても、それ以外の時間
しあわせじゃなかったら意味がないのではないか。

だからこそ、SVP東京に応募したとき、私たちは、
「プログラムに居合わせた家族や介護職員が、そこでの気づきから
施設利用者・入居者の日常を変えうる」と訴えた。

私は、検証を怠った。

どうしてミュージックファシリテーションなのか⑤
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。