スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてミュージックファシリテーションなのか⑤

どうしてミュージックファシリテーションなのか①
どうしてミュージックファシリテーションなのか②
どうしてミュージックファシリテーションなのか③
どうしてミュージックファシリテーションなのか④

いくらプログラムがたのしくても、待ち遠しくても、
プログラムのない日が幸せでなかったら、
私は、役割をはたしたと言えるのだろうか。

2015年に事業が一気に拡大してから、自問が止まらなかった。
本当に、お年寄りが暮らす環境を変えるにはどうしたらよいのだろう。


川北さんの講座()に参加して「先人から学ぶ」必要があることを悟った。

私は卒業論文をすっぽかして卒業した。

うしろめたさの裏返しで学者や研究者を毛嫌いしていた。
しかし、学ばざるを得ないと思った。


鈴木真さんがフェイスブックメッセージで
論文の読み方を教えてくださり、
「音楽療法」や「認知症」の論文をよみあさった。

ハポン新宿のオープンスペースにドサッと紙を広げ、
小林香織さんとながめたのは良い思い出だ。


老施協の天野さんの紹介で、東京都健康長寿医療センターの伊東美緒先生に出会った。
初めてお会いするとき、ものすごくドキドキした。

「研究者」の方と真剣にお会いするのが初めてだったからだ。
どんなことを考えているのだろう。

「息子さんたちにどうぞ」と渡したドーナツを喜んでくださって、嬉しかった。
直前に思い立ち、寄り道して買ってよかった。


先人の研究をみたり、
「本当にかわるためにはどうしたらよいのか」を考えるうち、
リリムジカの個人記録の書式もかわった。

Before & After が、目標に達成されたかどうかが、
わかるものになっていた。

(私がいまこれを使いこなせているかは別である)

そして、この「成果」を示さんとするあり方は、
とても「音楽療法的」であった。

「ちがう」と思って離脱した音楽療法の世界に戻ってきたのだ。


私たちはミュージックファシリテーションです。
私たちはミュージックファシリテーションです。

繰り返し説いてきた。
その手前、みなの前で「やっぱり音楽療法です」とは言えなかった。

けど、柴田と電話で話すとき、何度か口に出た。
「これって、音楽療法だよね」

どうしてミュージックファシリテーターなのか⑥
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。