スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有料老人ホーム→介護付きホーム

高齢者住宅新聞(業界紙)を見ていると、
大手有料老人ホーム事業者の代表クラスの方は
「有料老人ホーム」という言葉を使わなくなっている。

かわりに使われている名称が「介護付きホーム」。
業界団体の名称も「全国特定施設事業者協議会」から
「全国介護付きホーム協会」に変わった。

たしかに、特定施設(何が特定なの?!)よりは
介護付きホームの方がわかりやすい。
旧特定協(今度は介ホ協?!)の気持ちは理解できる。

ただ、長らく使われてきた「有料老人ホーム」も当面は使われるであろう。
上記大手ホームのホームページの記載もまだ「有料老人ホーム」になっている。

住まいを探している方は当面「介護付きホームを探している」というより
「老人ホームを探している」と言った方が伝わるだろう。
ケアマネや地域包括ケアセンターの方も
「介護付きホーム」のことをよく知らないかもしれない。

逆に老人ホーム運営事業者に提案に行く人は
資料に「介護付きホーム様向け」などと書くと
「わかっているねぇ」と思われるで気がするのですが、
事業者のみなさん、いかがでしょう?

▼介護付きホームとは
https://www.kaigotsuki-home.or.jp/kaigo_homes
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。