スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しいことが、嬉しいことにかわるとき

チームで仕事をしていて嬉しいことは色々とあります。

中でも格別なのは、「チームのために自分が行動する」という機運が
自然と生まれているのを感じたときではないでしょうか。


今日のお昼、リリムジカのメンバーの一人が、
パソコンの上にはるさめスープをこぼしました。

彼女のパソコンはこの夏購入したばかり。

中古ではありましたが、彼女はそれを、
大事に大事に使っていました。

キーボードまわりにはかわいらしい
シールが貼られていました。

デスクトップのアイコンは、彼女の好きなドラゴンクエストの
キャラクターにカスタマイズされていました。


そんなパソコンが、はるさめスープによって、
一瞬にして、ただの板っぺらと化しました。

何度か電源をつけたり消したりするも、反応はなし。


スープがこぼれた瞬間の彼女の絶望は、「キャッ!」という悲鳴が
オフィス中に響いたことからも、わかります。

彼女はそれからしばらく呆然とし、結局今日は仕事が
手につかないまま、15時過ぎにオフィスを出ました。


ですが、彼女はここからが違いました。

夜になって、今日の自分の反省をつづった
メールを送ってきてくれたのです。


そこには、自分の今までの意識の甘さや、
これからその甘さを改めていきたい、
という思いが書いてありました。

さらに、リリムジカのスタッフに同じ思いをさせないよう、
次回の全体ミーティングでパソコン周りの注意点を発表する
とまで提案してくれていました。


ひとつの事件から、ここまで多くのことを
考えられる人は、そうそういないと思います。

僕だったら、「ちくしょー!」なんて言って、
1週間くらいスネているかもしれない(苦笑)


本当は相当悔しい思いをしているはずなのに、
みんなのことを第一に考えてくれた彼女に感謝するとともに、
尊敬の念を抱きます。


今日のパソコンの件が、のちのち彼女にとって、
僕らにとって、大きな財産になるといいな、と思います。


ありがとう。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。