「きっとそうなんだ」という方向に流されているにすぎない

大学出てすぐに起業していたりすると、「リスクとか
考えないんですか?」って聞かれたりする。

今までは、この手の質問に対して、こう答えていた。

「なさねばならぬことがあるから」とか、「リスクを
とらないことがより大きなリスクを生むから」とか。


けど、今日犬の散歩をしながらふわふわ考えていたら、
案外そうでもないような気がしてきた。


もちろん、自分なりの正義感があって、
がむしゃらに働いてはいる。

けど、そうしているのは「確固たる自分が
あるから」ではないかもしれない。

むしろ、ただ生きていて、自分を動かすもの
に出会って、ただ動いている。いや、動かされている。


人生は、自分の思うほど自由にはできていない。

まわりが指し示す方向性に素直に従うことで、
良い結果が生まれていく。

僕がすべきことは、無理してクリエイティブになって
新しいものを生み出していくことではない。

社会を、人を、よく観察して、感じたままに
動くことなんだろう。


自分の行きたい方向にばっかり行きたがる犬に
ひっぱられながら、そう思った。
コメント
コメントの投稿(管理者の承認の後、反映されます)
管理者にだけ表示を許可する